羽状複葉の樹木

松江の花図鑑Top >花図鑑目次葉で見分ける樹木複葉・裂ける葉>羽状複葉


私の写した画像から、羽状複葉の樹木の区別に参考となると思われるものを載せてみます。





枝や葉に鋭い刺が多い。葉は枝先に集まって互生し、長さ約1mの大形の奇数2回羽状複葉で、葉柄の基部は茎を抱く。小葉は5〜9枚、長さ5〜12cmの卵形で、先はとがり、ふちに鋸歯がある。
タラノキ タラノキ タラノキ




葉はやや大形の奇数羽状複葉。小葉は3〜7対あり、長さ4〜10cmの披針形でふちに重鋸歯がある。小葉の基部は左右ふぞろい。
ノグルミ ノグルミ ノグルミ





葉は大形の奇数羽状複葉。小葉は4〜10対あり、長さ7〜12cmの卵状長楕円形で、星状毛が多い。小葉の基部は左右ふぞろい。
オニグルミ オニグルミ オニグルミ



葉は大形の奇数2〜3回羽状複葉で互生する。小葉は長さ3〜6cmの卵形または卵状楕円形で先は長くとがり、基部はゆがむ。ふちには不揃いの鈍鋸歯がある。
センダン センダン センダン





葉は奇数羽状複葉。小葉は4〜7対あり、長さ3〜7cmの披針形または長楕円状披針形で先はとがる。ふちには浅く鋭い鋸歯があり、両面ともほとんど無毛。基部は左右ふぞろい。
ナナカマド ナナカマド ナナカマド




葉は奇数羽状複葉で対生する。小葉は長さ4〜9cmの狭卵形で、ふちには細かい鋸歯がある。
ゴンズイ ゴンズイ ゴンズイ





葉は互生し、長さ25〜35cmの奇数羽状複葉。小葉は3〜7対、卵形でふちにはふぞろいの粗い鋸歯がある。小葉がさらに全裂するものもある。
モクゲンジ モクゲンジ モクゲンジ





大型で40〜100cmの奇数羽状複葉を互生し、6〜16対ある8〜10cmの小葉は長卵形で先は尖り、基部に1〜2個の歯牙があるほかは全縁。基部は円形または切形。表面は無毛、裏面は主脈に沿って短毛がある。
ニワウルシ ニワウルシ ニワウルシ




葉は奇数羽状複葉で対生する。小葉は2〜3対あり、長さ5〜15cmの長楕円形または広楕円で、先端はとがり、基部は円形。ふちには細かい鋸歯がある。
ニワトコ ニワトコ



葉は奇数羽状複葉で互生する。小葉は4〜6対あり、長さ4〜10cmの広披針形で、先端はとがり、ふちには浅い細鋸歯がある。
ニガキ ニガキ ニガキ



葉は奇数羽状複葉で対生する。小葉は2〜6対あり、長さ5〜10cmの長楕円形で、先端は尾状にとがり、ふちには鈍鋸歯がある。
キハダ キハダ キハダ




葉は長さ10〜20cmで、互生し、奇数羽状複葉。小葉は4〜6対ありふつう互性する。長さ6〜12cm、幅2〜6cmの長楕円形で側脈は13〜15対ある。全縁で、表面は無毛、裏面は粉白色。
ユクノキ ユクノキ ユクノキ





羽状複葉、互生で、小葉は5〜10対。側小葉は長楕円形または卵状長楕円形。長さ2〜3.5cm、幅0.8cm〜1.5cm。小葉の表面は灰緑色で腺点がある。裏面は淡緑色。葉縁は全縁。葉先は鈍頭。葉柄のつけ根に小托葉がある。
イタチハギ イタチハギ イタチハギ





葉は奇数羽状複葉。小葉は4〜5対で長さ8〜20mmの長楕円形。
コマツナギ コマツナギ







葉は奇数羽状複葉。コマツナギとほぼ同じ。幹の直径は3〜4cmにもなる。
トウコマツナギ トウコマツナギ トウコマツナギ






葉は奇数羽状複葉。小葉は4〜7対あり、長さ3〜6cmの卵形。(ハネミイヌエンジュ)
イヌエンジュ イヌエンジュ






葉は長さ12〜25cmの奇数羽状複葉。小葉は3〜9対あり、楕円形で先端はわずかにへこみ、微突起がある。
ハリエンジュ ハリエンジュ




葉は奇数羽状複葉で長さ20〜30cm。小葉は5〜9対あり、長さ4〜10cmの卵形〜卵状長楕円形で全縁。
ノダフジ ノダフジ





葉は奇数羽状複葉で互生する。小葉は5〜9対あり、長さ1〜3.5cmの卵状長楕円形。枝や葉柄の基部に対生する刺がある。
サンショウ サンショウ サンショウ







葉は奇数羽状複葉で互生する。小葉は長さ2〜4cmの長楕円形〜広披針形。枝に互生する刺がある。
イヌザンショウ イヌザンショウ イヌザンショウ









葉は長さ15〜30cm、奇数羽状複葉で互生する。小葉は長さ3.5〜8cmの広卵状楕円形。
コカラスザンショウ コカラスザンショウ コカラスザンショウ








葉は長さ30〜80cmの大形の奇数羽状複葉で互生する。小葉は9〜15対で長さ5〜15cmの広披針形。枝に鋭い刺が多い。
カラスザンショウ カラスザンショウ カラスザンショウ







小葉は1〜3対で長さ3〜14cmの長楕円形または広披針形。葉軸に翼がある。枝に刺やいぼ状突起がある。
フユザンショウ フユザンショウ フユザンショウ







葉は2回偶数羽状複葉で互生し、3〜8対の羽片をつけ、各羽片には5〜12対の小葉がある。葉軸や枝に逆向きの刺が多い。
ジャケツイバラ ジャケツイバラ ジャケツイバラ




大形の偶数2回羽状複葉。
ネムノキ ネムノキ ネムノキ



葉は奇数羽状複葉で互生し、葉軸に翼があるのが大きな特徴。小葉は長さ5〜12cmの長楕円形ふちに鈍鋸歯があり、裏面には軟毛が密生する。
ヌルデ ヌルデ ヌルデ







葉は奇数羽状複葉で対生。小葉は2〜4対で長さ5〜10cmの広披針形。若枝には淡褐色の縮れ毛がある。
ヤマトアオダモ ヤマトアオダモ ヤマトアオダモ




葉は互生し、長さ10〜25cmの奇数羽状複葉で、小葉は4〜8対。小葉は長さ2〜6cm、幅1〜2cmの卵形又は挟卵形で、両面ともほとんど無毛。
ナツフジ ナツフジ ナツフジ






奇数羽状複葉で3〜7枚の小葉からなる。
センニンソウ センニンソウ センニンソウ




3回奇数羽状複葉。
ナンテン ナンテン ナンテン





葉は羽状複葉に見えるが、単葉。
コバンノキ コバンノキ コバンノキ
















花図鑑目次