トウコマツナギ(唐駒繋)

落葉小低木
中国原産。新たに道路整備した場所の緑化目的で中国などから導入された。コマツナギより大きく、高さ40〜250cmに達し、幹の直径は3〜4cmにもなる。葉は奇数羽状複葉で、小葉は7〜13枚、長楕円形で、長さ0.8〜1.5cmになり、コマツナギとはほとんど変わらない。葉腋に長さ4〜10cmの総状花序をだし、淡紅紫色で、長さ4〜5mmの蝶形花をつける。果実は円柱状、長さ25〜30mmで、花梗は細く下垂する。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Indigofera bungeana
マメ科コマツナギ属
日本帰化植物写真図鑑では、本種にキダチコマツナギ(Indigofera sp.)の和名を採用し、「本種をトウコマツナギに当てたり、コマツナギと同種にする見解などがあり、種の扱いについては再検討を要する。」とある。 似たものに高さ50〜90cmで在来種のコマツナギがある。


2014年7月20日 宍道雄しべと雌しべは竜骨弁の中にある。花の下側から。
トウコマツナギ花序 トウコマツナギ花 トウコマツナギ花
雌・雄しべが出ると竜骨弁・翼弁は落ちる。咲き進むと花序は10cm以上になる。花は長さ約5mm。
トウコマツナギ花序 トウコマツナギ花序 トウコマツナギ花
葉は長さ約9cm。
トウコマツナギ花序 トウコマツナギ葉 トウコマツナギ葉
小葉は長さ約2.4cm、短毛が密生する。裏面に短毛が密生する。
トウコマツナギ葉 トウコマツナギ葉裏面 トウコマツナギ葉裏面
トウコマツナギ トウコマツナギ樹皮 トウコマツナギ



2010年6月12日 佐草
トウコマツナギ花 トウコマツナギ花序 トウコマツナギ葉
トウコマツナギ葉 トウコマツナギ葉 トウコマツナギ葉裏面
高さが2m以上になる。
トウコマツナギ トウコマツナギ
2009年9月5日 玉湯
去年の果実
トウコマツナギ花 トウコマツナギ果実 トウコマツナギ果実
トウコマツナギ葉 トウコマツナギ葉裏面 トウコマツナギ花序
幹5cm以上高さ2m以上
トウコマツナギ樹皮 トウコマツナギ
2012年3月14日 果実 東忌部
トウコマツナギ果実 トウコマツナギ果実 トウコマツナギ果実
種子の長さは2.5mm程度。
トウコマツナギ種子 トウコマツナギ種子 トウコマツナギ
2013年3月4日 果実 玉湯果実は長さ約2.8cm。
トウコマツナギ果実 トウコマツナギ果実 トウコマツナギ果実
種子は直径約2mm。
トウコマツナギ種子 トウコマツナギ種子 トウコマツナギ
2010年11月17日 果実 東長江
トウコマツナギ果実 トウコマツナギ果序 トウコマツナギ果実
トウコマツナギ果実 トウコマツナギ葉 トウコマツナギ葉
トウコマツナギ葉裏面 トウコマツナギ枝 トウコマツナギ
トウコマツナギ トウコマツナギ
2006年10月28日 若い果実 佐草2007年2月12日 果実 佐草
トウコマツナギ果実 トウコマツナギ果実
2013年3月11日 芽吹き 玉湯
トウコマツナギ芽吹き トウコマツナギ冬芽 トウコマツナギ芽吹き
トウコマツナギ
2011年4月23日 芽吹き 玉湯
トウコマツナギ芽吹き トウコマツナギ芽吹き トウコマツナギ
トウコマツナギ樹皮 トウコマツナギ
2007年2月12日 冬芽 佐草
トウコマツナギ冬芽 トウコマツナギ冬芽 トウコマツナギ冬芽


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑