ニガキ(苦木)

落葉高木
北海道〜沖縄の山野の林内に生える。高さ15m、直径40cmほどになる。樹皮は暗褐色〜帯紫黒褐色でなめらか。老木では縦に裂ける。本年枝は紫褐色で無毛、または褐色の毛が生える。葉は互生。長さ15〜25cmの奇数羽状複葉で、4〜6対の小葉がある。小葉は長さ4〜8cm、幅1〜3cmの卵状長楕円形。先端はとがり、基部はくさび形。ふちには細かい鋸歯がある。はじめ裏面の主脈に褐色の毛があるが、のちに無毛。雌雄別株。本年枝の葉腋から長さ5〜10cmの集散花序をだし、黄緑色の花を多数つける。花序は2〜4回分岐し、雄花序には雄花が30〜50個、雌花序には雌花が7〜10個つく。花弁は4〜5個、長さ2〜3mmの楕円形。雄花は発達した花盤があり、花糸の下半部は有毛。雌花の花盤の上には4〜5個に分かれた子房がのっている。花柱は1個。果実は核果。2〜3個の分果に分かれる。分果は長さ約6mmの広楕円形。9月に緑黒色に熟す。核は黄褐色で長さ5〜6mmの楕円形、赤褐色の模様がある。樹皮、材、枝や葉などは強い苦みがある。花期は4〜5月。
冬芽は裸芽。頂芽は長さ6〜8mmの卵形で、褐色の毛が密生した幼葉がまるまっている。側芽は頂芽より小さい。葉痕は半円形〜円形で、肩の部分に楕円形の托葉痕がある。維管束痕は5〜7個。(樹に咲く花)
学名は、Picrasma quassioides
ニガキ科ニガキ属


2012年5月12日 雌花 東忌部子房が5個、退化した雄しべが4個。花弁が4〜5個ある。
ニガキ雌花 ニガキ雌花 ニガキ雌花
子房が4〜5個ある。柱頭は4〜5裂する。虫えい花
ニガキ雌花 ニガキ虫えい ニガキ虫えい
ニガキ ニガキ ニガキ
ニガキ ニガキ



2009年5月23日 雄花 八雲
ニガキ雄花 ニガキ雄花
2009年5月23日 雌花 八雲
ニガキ雌花 ニガキ雌花 ニガキ
ニガキ樹皮 ニガキ
2006年5月21日 雌花の後 乃白
ニガキ ニガキ ニガキ
2005年8月20日 乃白
ニガキ ニガキ ニガキ
ニガキ ニガキ ニガキ
2010年7月31日 果実 東忌部果実は1〜5個の分果になる。
ニガキ果実 ニガキ果実 ニガキ果実
ニガキ ニガキ ニガキ
2003年6月15日 若い果実 東出雲果実は1〜5個の分果。
ニガキ果実 ニガキ
2008年6月1日 八雲
ニガキ ニガキ ニガキ
ニガキ ニガキ ニガキ
ニガキ
2006年2月25日 冬芽と葉痕 八雲
ニガキ冬芽葉痕 ニガキ冬芽葉痕 ニガキ冬芽葉痕
ニガキ樹皮 ニガキ樹皮
2006年2月19日 冬芽 乃白
ニガキ冬芽葉痕 ニガキ冬芽葉痕


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑