サンショウ(山椒)

落葉低木
 北海道〜九州の丘陵や低い山地のやや湿り気の多い林縁や林内に生える。高さ1〜5m、直径8〜15cmになる。樹皮は灰褐色。刺やコルク質のいぼ状突起があり、ごつごつしている。若い枝は緑色〜赤褐色。枝や葉柄の基部に長さ5〜12mmの赤褐色の刺が1個ずつ対生状につく。葉は互生。長さ5〜18cmの奇数羽状複葉。葉軸にはわずかに翼がある。葉柄は長さ1〜2cm、上面には溝があり、ときに短い刺がつく。小葉は5〜9対で長さ1〜3.5cm、幅6〜14mmの卵状長楕円形または卵形。先端は鈍く、基部は鈍形またはくさび形。縁には波状の鋸歯があり、へこんだ部分に明るい腺点がある。若い葉は表面の主脈や葉軸などに毛が生え、ときに短い刺がつく。雌雄別株。枝先に長さ2〜5cmの円錐花序をだし、淡黄緑色の小さな花をつける。雄花の花被片は5〜9個、長さ約2mm。雄しべは4〜8個、花被片より長い。雌花の花被片は7〜8個。子房は2個で、花柱は離生する。果実は2個の分果に分かれる。分果は直径約5mmの球形で、9〜10月に赤褐色または紅色に熟し、。裂開して種子を1個だす。種子は黒くて光沢があり、長さ3.5〜4mmの楕円状球形。種子には強い辛味がある。花期は4〜5月。
 冬芽は裸芽。ほぼ球形で長さ1.5〜3mm。表面には伏毛が密生する。側芽は小さい。葉痕はハート形または半円形で、維管束痕が3個あり、猿の顔のように見える。(樹に咲く花)
イヌザンショウに似るが、葉の香りがよく、鋸歯の切れ込みが目立つ。
学名は、Zanthoxylum piperitum
ミカン科サンショウ属


2008年5月4日 雌花 玉湯柱頭が2〜3個ある。花弁と萼の区別がない。
サンショウ サンショウ サンショウ
2004年4月25日 八雲
サンショウ サンショウ



2004年4月18日 蕾 鹿島
サンショウ サンショウ
2006年6月3日 実 東忌部小葉の先端が浅く2裂する。
サンショウ サンショウ サンショウ
刺は対生につく。
サンショウ サンショウ
2008年11月30日 果実 東忌部
サンショウ サンショウ
2008年3月2日 冬芽と葉痕 玉湯
サンショウ サンショウ サンショウ
幹は刺といぼ状突起でゴツゴツする。
サンショウ サンショウ
2007年12月16日 冬芽 玉湯刺が対生に2個ついている。
サンショウ サンショウ サンショウ
古木のため幹がこぶでごつごつしている。高さは3mくらい。
サンショウ サンショウ
2006年1月22日 冬芽 浜乃木
サンショウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑