ゴンズイ(権瑞)

落葉小高木。
関東地方以西〜九州の日当たりのよい、やや乾燥した雑木林の林縁に生える。高さ3〜8mになる。枝がまばらにでるので、まとまりのない樹形になる。若木はの樹皮は灰褐色、太くなると黒褐色。白い縦長の筋が入る。本年枝は緑褐色〜褐紫色で、白い縦長の皮目が目立つ。主に仮頂芽からでて、側芽からはあまりでないので、枝の数は少ない。冬には赤くなる。葉は対生。長さ10〜30cmの奇数羽状複葉で2〜5対の小葉がある。葉柄は長さ3〜10cm。側小葉は長さ5〜9cm、幅2〜5cmの狭卵形。頂小葉はやや小さい。先はとがり、縁には芒状の鋸歯がある。表面は濃緑色でやや光沢があり、裏面の脈上には毛がある。小葉の柄は長さ1cm以下。本年枝の先に長さ15〜20cmの円錐花序をだし、淡黄緑色の小さな花を多数つける。花弁と萼片は5個、ほぼ同形で、ともに平開しない。雄しべは5個。雌しべは1個、柱頭は3裂する。雄しべと雌しべはほぼ同長。果実は袋果。長さ1cmほどの半月形。果皮は肉質で厚く、9〜11月に赤く熟す。熟すと裂開し、光沢のある黒い種子が1〜2個顔を出す。種子は直径約5mm。花期は5〜6月。
 冬芽は、枝先に普通仮頂芽が2個つくが、1個又は2対つくこともある。仮頂芽は長さ4〜7mm。芽鱗は2〜4個、赤色で無毛。葉痕は半円形〜円形。維管束痕は9個。(樹に咲く花)
学名は、Euscaphis japonica
ミツバウツギ科ゴンズイ属


2015年5月25日 宍道花は平開しない。
ゴンズイ花 ゴンズイ花 ゴンズイ花
花は直径約4mm。
ゴンズイ花 ゴンズイ花 ゴンズイ花
雌しべ1個,雄しべ5個。萼片5個、花弁5個はほぼ同形。
ゴンズ花イ ゴンズイ花 ゴンズイ花
萼片(上)、花弁(下)。萼片と花弁を除いた。
ゴンズイ花 ゴンズイ萼片花弁 ゴンズイ雄しべ雌しべ
雌しべは3個の合成心皮の複合雌しべ。蕾。
ゴンズイ合成心皮 ゴンズイ蕾 ゴンズイ花序
葉は奇数羽状複葉、長さ約23cm。
ゴンズイ花序 ゴンズイ ゴンズイ葉
小葉は長さ約5cm、縁に芒状の小さい鋸歯。
ゴンズイ葉 ゴンズイ葉裏面 ゴンズイ葉裏面
樹皮には縦長の筋が入る。
ゴンズイ樹皮 ゴンズイ



2010年5月30日 花は平開しない。枕木山雄しべが5個、雌しべ1個がある。
ゴンズイ花 ゴンズイ花 ゴンズイ花
ゴンズイ花序 ゴンズイ葉 ゴンズイ
ゴンズイ樹皮 ゴンズイ
2004年5月28日 乃白
ゴンズイ花 ゴンズイ花 ゴンズイ花
ゴンズイ ゴンズイ ゴンズイ
ゴンズイ ゴンズイ
2011年11月9日 果実 東忌部1個の花から3個の果実ができる。
ゴンズイ果実 ゴンズイ果実 ゴンズイ果実
ふつう種子が1〜2個入る。種子は直径約6mm。
ゴンズイ果実 ゴンズイ種子 ゴンズイ種子
2005年11月12日 果実 東忌部1個の花から普通3個の果実ができる。
ゴンズイ果実 ゴンズイ果実 ゴンズイ果実
ゴンズイ果実 ゴンズイ ゴンズイ
ゴンズイ ゴンズイ ゴンズイ樹皮
ゴンズイ
2007年11月4日 果実 玉湯
ゴンズイ ゴンズイ ゴンズイ
2007年9月15日 果実 東忌部
ゴンズイ ゴンズイ
2010年8月13日 幼果 玉湯果実は半月形。
ゴンズイ ゴンズイ ゴンズイ
ゴンズイ ゴンズイ
2006年6月17日 幼果 上乃木1個の花から3個の果実ができる。
ゴンズイ ゴンズイ ゴンズイ
2006年8月26日 玉湯
ゴンズイ ゴンズイ ゴンズイ
ゴンズイ ゴンズイ ゴンズイ
2010年4月29日 芽吹き 玉湯
ゴンズイ ゴンズイ ゴンズイ
ゴンズイ ゴンズイ
2015年3月2日 冬芽 宍道葉痕は半円形〜円形。
ゴンズイ冬芽 ゴンズイ冬芽 ゴンズイ冬芽葉痕
ゴンズイ冬芽 ゴンズイ冬芽 ゴンズイ冬芽
ゴンズイ樹皮
2010年1月30日 冬芽 玉湯
ゴンズイ ゴンズイ ゴンズイ
落ちていた種子
ゴンズイ
2006年1月29日 冬芽 東忌部
ゴンズイ ゴンズイ
2007年12月16日 冬芽 幼木 葉が紅葉している。 玉湯
ゴンズイ ゴンズイ ゴンズイ
ゴンズイ ゴンズイ ゴンズイ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑


他の画像をみる。