キハダ(黄肌)

落葉高木
北海道〜九州の山地の沢沿いの林内に生える。高さ20mほどになる。樹皮は灰黒色または黒褐色。縦長の溝がある。若い枝は赤褐色〜黄褐色。無毛で縦に長い皮目がある。内樹皮は鮮黄色。葉は対生。長さ20〜40cmの奇数羽状複葉。小葉は2〜6対あり、長さ5〜10cm、幅3〜5cmの卵状長楕円形。先端は尾状に鋭く尖り、基部は円形〜広いくさび形。ふちには浅い鈍鋸歯がある。裏面の主脈の基部付近には長毛が密生する。葉柄や葉軸は無毛または一部に短毛が生える。雌雄別株。枝先に円錐花序を出し、小さな黄緑色の花を多数つける。花弁は5個、長さ約4mmの長楕円形、内面には毛が生える。果実は核果。直径1cmほどのほぼ球形で、9〜10月に黒く熟す。なかには核が5〜6個入っている。核は長さ4〜5mmの楕円形、表面には微細な凹凸がある。花期は5〜7月。
冬芽は葉柄内芽。冬芽は葉柄の基部に包まれていて、秋に葉が落ちると現れる。長さ2〜4cmの半球形。枝の先端には仮頂芽が2個向い合ってつく。葉痕は大きく、冬芽をぐるりと取り囲む。側芽は対生する。
学名は、Phellodendron amurense
ミカン科キハダ属


2007年10月13日 果実 八雲
キハダ キハダ キハダ
冬芽は葉柄に包まれている。
キハダ キハダ キハダ
キハダ キハダ キハダ
キハダ キハダ キハダ



2009年7月5日 若い果実 八雲
キハダ キハダ キハダ
2015年6月13日 若い果実 八雲
キハダ果実 キハダ キハダ
2008年7月13日 八雲裏面主脈に毛がある。
キハダ キハダ キハダ
冬芽はこの葉柄の内部にある。葉は枝先に集まり対生する。
キハダ キハダ キハダ
2010年5月8日 芽吹き 八雲
キハダ キハダ
2008年3月8日 冬芽 八雲
キハダ キハダ

2012年4月24日 芽吹き 八雲
キハダ キハダ キハダ
2012年3月21日 冬芽 八雲
キハダ キハダ キハダ
枝に残った果実
キハダ キハダ キハダ
樹皮はコルク質が発達する。中央右から中へ向けて伸びた樹
キハダ キハダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑