コバンノキ(小判の木)

落葉低木
岐阜・福井県以西〜沖縄の川岸や崖地に生える。高さ2〜3mになる。小枝は前年の葉腋からしばしば2個ずつでて、長さ10cmほどにのび、数個の葉が2列に互生する。花をつけた小枝は秋になると小枝ごと落ちる。枝の先には花をつけない小枝があり、この枝は分岐してのびて、次の年の枝になる。葉は互生。小枝の左右に2列に並ぶので羽状複葉のように見える。葉身は長さ2〜4cmの卵形または楕円形。両端とも丸く、縁は全縁。両面とも無毛。裏面は粉白色で脈は突出しない。葉柄は長さ2〜3mm。托葉は線形。雌雄同株。葉腋に小さな花を数個ずつ束生する。小枝の基部には雄花、上部には雄花と雌花がつく。萼片は4個。雄花の萼片は暗紫色、長さ約1.5mmで平開する。雄しべは2個、基部に腺体が4個ある。雌花の萼片は淡緑色で平開しない。花柱は3個。果実は液果。直径約6mmの球形。9〜10月に黒色に熟す。種子は褐色で、長さ約3mm。花期は4〜5月。
冬芽は卵形で横に2個並ぶ。葉痕は円形、維管束痕は1個。古い枝には古い葉痕の上に落枝痕が2個並ぶ。(樹に咲く花)
学名は、Phyllanthus flexuosus
コミカンソウ科コミカンソウ属


2013年5月16日 大東枝の上部に雄花と雌花が一緒につく。
コバンノキ花 コバンノキ花 コバンノキ花
雄花の雄しべは普通2個。雄花の雄しべが1〜4個のものもあった。
コバンノキ花 コバンノキ花 コバンノキ
雌花は長さ約3.5mm。雌花の下部は緑色の萼に包まれ子房がある。花柱は3個。
コバンノキ雌花 コバンノキ雌花 コバンノキ雌花
萼を開くと子房がある。雄花の萼は暗紫色、長さ約1.5mm。萼は平開せず、直径約2.5mm。
コバンノキ雌花 コバンノキ雄花 コバンノキ雄花
雄しべが2個ある。雄しべが1個ある。雄しべが3個ある。
コバンノキ雄花 コバンノキ雄花 コバンノキ雄花
腺体が4個ある。葉は2列に互生する。葉は長さ約3.5cm。
コバンノキ雄花 コバンノキ葉 コバンノキ葉
コバンノキ葉裏面 コバンノキ枝 コバンノキ
コバンノキ樹皮 コバンノキ



2010年5月30日 雄花 東持田雄花左右が雄花で中央が雌花
コバンノキ雄花 コバンノキ雄花 コバンノキ花
上が雌花、下の前後が雄花で間に雌花。
コバンノキ花 コバンノキ葉 コバンノキ
コバンノキ
2008年5月17日 雄花 東持田雄花
コバンノキ雄花 コバンノキ雄花 コバンノキ
先端にみえるのが雌花
コバンノキ コバンノキ コバンノキ
コバンノキ
2013年8月10日 果実 大東乾燥して萎んでいる。果実は直径約4.3mm。
コバンノキ果実 コバンノキ果実 コバンノキ果実
果実に種子が1個入っている。種子は長さ約3mm。種子の背面、側面は半月形。
コバンノキ種子 コバンノキ種子 コバンノキ種子
種子の腹面。種子の表面の迷路状の模様。
コバンノキ種子コバンノキ種子
2011年6月15日 若い果実 大平山
コバンノキ果実 コバンノキ コバンノキ葉
葉の裏面
コバンノキ葉裏面 コバンノキ樹皮 コバンノキ
2009年6月27日 若い果実 東持田
コバンノキ果実 コバンノキ果実 コバンノキ枝
コバンノキ葉 コバンノキ枝 コバンノキ
2008年6月8日 若い果実 東持田
コバンノキ果実 コバンノキ果実 コバンノキ葉
2011年6月29日 若い果実 八雲
コバンノキ果実 コバンノキ果実 コバンノキ
2010年5月8日 八雲
葉柄基部に托葉がある。
コバンノキ葉 コバンノキ葉裏面 コバンノキ枝
小枝は2本ずつでる。
葉痕は円形、冬芽が2個並ぶ。
コバンノキ枝 コバンノキ コバンノキ葉痕
コバンノキ樹皮 コバンノキ
2007年8月19日 北山 葉が複葉に見える。
コバンノキ枝 コバンノキ葉 コバンノキ葉裏面
葉柄基部に線形の托葉がある。
葉腋に芽があるので複葉でないことがわかる。
コバンノキ枝 コバンノキ枝 コバンノキ
コバンノキ樹皮 コバンノキ
2007年9月8日 東持田 小枝はしばしば2個ずつ出る。
コバンノキ枝 コバンノキ
2011年5月2日 芽吹き 東持田
コバンノキ芽吹き コバンノキ芽吹き コバンノキ芽吹き
コバンノキ
2007年12月23日 冬芽と葉痕 東持田
コバンノキ冬芽 コバンノキ冬芽 コバンノキ冬芽


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑