野草の閉鎖花


松江の花図鑑Top>花図鑑目次>閉鎖花
閉鎖花(へいさか)とは、花冠の一部もしくは全体が開かず、自家受粉してしまう現象のことです。わが国では,牧野富太郎博士により11科14属19種がリストアップされているそうです。有名なのはスミレやホトケノザがあげられます。また地中に閉鎖花をつけるものもあります。

地上に閉鎖花をつける植物 スミレの類、ホトケノザ、センボンヤリ、キッコウハグマ、フタリシズカ、ツリフネソウ、ミヤマカタバミ、キキョウソウなど

地中に閉鎖花をつける植物 マルバツユクサ、ミゾソバ、ヤブマメなど

イトツメクサ  イヌコハコベ  キッコウハグマ  センボンヤリ  タツナミソウ  ナガバタチツボスミレ  ハマツメクサ  ヒナキキョウソウ  ヒメスミレ  ヒメハギ  フタリシズカ  ホトケノザ  ミゾソバ  ミヤマカタバミ 

名前をクリックすると種の説明文が表示されます。
イトツメクサ4月21日
イトツメクサ
萼が開かない閉鎖花が多い。
イヌコハコベ3月11日
イヌコハコベ
萼が開かない閉鎖花がある。
キッコウハグマ11月13日
キッコウハグマ
普通は白い花をつけるが、閉鎖花を結ぶことも多い。
センボンヤリ11月23日
センボンヤリ
春にはタンポポに似た白い花をつけるが、秋には高さ30〜60cmの花茎をのばし、先端に閉鎖花を1個つける。
タツナミソウ10月22日
タツナミソウ
秋になると閉鎖花をつけ、花を開かず種子ができているようです。
ナガバタチツボスミレ5月19日
ナガバタチツボスミレ
閉鎖花は開放花の短い開花期が終わってから、秋にかけてつくられ、つぼみがふくらまないうちに受粉して果実となる。開放花と違って花柄は短い。
ハマツメクサ4月15日
ハマツメクサ
萼が開かない閉鎖花がある。
ヒナキキョウソウ6月2日
ヒナキキョウソウ
茎頂の1花が開放花で、多くの花が閉鎖花となる。
ヒメスミレ5月19日
ヒメスミレ
閉鎖花は開放花の短い開花期が終わってから、秋にかけてつくられ、つぼみがふくらまないうちに受粉して果実となる。
ヒメハギ9月20日
ヒメハギ
花期を過ぎると蕾は開かず、閉鎖花となって結実する。
フタリシズカ7月23日
フタリシズカ
夏から秋にかけて茎の下部の節から閉鎖花をつけた細い花序をだす。
ホトケノザ3月11日
ホトケノザ
ふつうの花より小さく、蕾のまま結実する閉鎖花が多数まじる。
ミゾソバ11月13日
ミゾソバ
水の流れが激しい沢や湿原では、地中に枝を伸ばし、先端に閉鎖花をつけるものがある。
ミヤマカタバミ6月24日
ミヤマカタバミ
花が終わると、閉鎖花を出して果実をつくる。

<花図鑑へ>