ミヤマカタバミ(深山片喰)

多年草
本州(東海地方南部〜中国地方)、四国の山地の林内や林縁に群生する。地下茎は太く、古い葉柄の基部に包まれる。高さ6〜10cm。葉柄、葉の裏面、花柄、萼片、苞には多くの毛がある。葉柄は太く、葉は3枚の小葉からなる。小葉はハート形、先端はへこむ。幅1〜2.5cm。裏面は紫色を帯びることがある。花は2〜3cm。白色〜淡紅紫色。5枚の花びらの先は少しへこみ、淡紫色の条が入る。さく果は楕円形で長さ約2cm。花が終わると、閉鎖花を出して果実をつくる。閉鎖花は卵形で5〜6mm。花期は3〜4月。(広島の山野草)
学名は、Oxalis griffithii
カタバミ科カタバミ属


2015年3月17日 鹿島
ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ花
花弁は長さ約1.9cm、先端が少し凹む。柱頭は5裂する。
ミヤマカタバミ ミヤマカタバミ ミヤマカタバミ
2013年3月24日 八雲
ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ花
雄しべは10個、柱頭は5裂する。花は直径約2.5cm。
ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ花
ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ



2011年4月13日 八雲萼や花柄に軟毛が密生する。
ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ萼
葉の裏面に軟毛が密生する。
ミヤマカタバミ葉 ミヤマカタバミ葉裏面 ミヤマカタバミ花
ミヤマカタバミ
2009年3月8日 鹿島雄しべは10本、柱頭は5裂する。
ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ葉
ミヤマカタバミ
2007年3月17日 八雲
ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ花 ミヤマカタバミ葉
ミヤマカタバミ葉裏面 ミヤマカタバミ葉柄
2015年6月24日 閉鎖花 大海崎閉鎖花にできた果実。長さ約10mm。
ミヤマカタバミ閉鎖花 ミヤマカタバミ果実 ミヤマカタバミ果実
ミヤマカタバミ
2013年6月6日 果実 八雲
ミヤマカタバミ果実 ミヤマカタバミ果実 ミヤマカタバミ果実
果実は長さ約1.5cm。白い外皮を除いた種子(中央)種子は長さ約3.5mm。
ミヤマカタバミ果実 ミヤマカタバミ種子 ミヤマカタバミ種子
ミヤマカタバミ
2013年5月6日 若い果実 八雲未熟時は下を向き、熟すと果柄が直立する。
ミヤマカタバミ果実 ミヤマカタバミ果実 ミヤマカタバミ果柄
若い果実は長さ約1.5cm。果実の縦断面。果実は5室に分かれる。
ミヤマカタバミ果実 ミヤマカタバミ果実 ミヤマカタバミ果実
1果実に4個の種子があった。外皮に包まれた種子は長さ約3mm。外皮を除いた種子(乾燥標本)、長さ約2.8mm。
ミヤマカタバミ種子 ミヤマカタバミ種子 ミヤマカタバミ種子
ミヤマカタバミ
2010年5月30日 果実 枕木山果柄の苞葉。
ミヤマカタバミ果実 ミヤマカタバミ果実 ミヤマカタバミ果柄
ミヤマカタバミ
2014年2月1日 根茎 八雲葉が枯れても葉柄基部が根茎に残る。葉柄のつけ根と基部の間に節がある。
ミヤマカタバミ根茎 ミヤマカタバミ根茎 ミヤマカタバミ根茎
葉は枯れると基部の節から落ちる。根茎は分枝しない。根茎は浅い地中を這う。
ミヤマカタバミ根茎 ミヤマカタバミ ミヤマカタバミ根茎
ミヤマカタバミ根茎


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑
他の画像を見る。