2007年11月25日のサイクリング日記

松江の花図鑑>日記

2007年11月25日(日) 鹿島片句へ
 朝は宍道湖から流れる霧で、何も見えないような濃霧の世界でした。しばらくすれば晴れるのかと、少し待っていましたが、晴れる気配もないので出かけました。宍道湖を離れると、霧もなくすっきりと晴れた青空でした。久しぶりに海の方へ行ってみようと、いつもの鹿島片句へ出かけました。花もほとんどなくなり、ツワブキやシロヨメナなどが残り花となっているくらいです。海岸にシャリンバイが実をつけていました。海岸に生えるとされますが、初めての確認でした。葉だけの木はなかなか目に止まらず、写していないものもたくさんありそうです。またここにあるミゾソバは、どういうわけか葉が丸っこい感じです。以前に見たときもそんな感じでしたが、今年も同じような様子でした。
 ハマヒサカキが枝にびっしりと花を並べていました。最初に写した花は雌花だったので、雄花を探しました。雌花のほうが多いのか、ここでは雄花は一本しか見つかりませんでした。
 写そうとするものがあまりないので、帰り道はいつもより疲れが出たような気がします。
霧の宍道湖 霧の宍道湖
殿
イスノキ
メヒシバ ムクノキ ムクノキ
下佐陀
メヒシバ
鹿島
ムクノキ(実)
鹿島
ムクノキ(冬芽)
エノキ クマノミズキ シャリンバイ
鹿島
エノキ(実)
鹿島
クマノミズキ(冬芽)
鹿島
シャリンバイ(果実)
シャリンバイ ミゾソバ ツヅラフジ
鹿島
シャリンバイ(冬芽)
鹿島
ミゾソバ
鹿島
ツヅラフジ(冬芽)
ホタルブクロ ハマヒサカキ ハマヒサカキ
鹿島
ホタルブクロ
鹿島
ハマヒサカキ(雌花)
鹿島
ハマヒサカキ(雄花)
イヌビワ イヌビエ
鹿島
イヌビワ
2007年11月25日
下佐陀
イヌビエ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑