ハマヒサカキ(浜姫榊)

常緑小高木
千葉県以南〜沖縄の海岸に生える。高さ4〜6mになる。海岸の風衝地では匍匐していることが多い。樹皮は淡灰褐色でなめらか。浅い縦じわがある。本年枝は淡褐色、短毛が密生するが、ときに無毛のももある。葉柄が枝に流れて、低い稜になる。葉は互生。側枝では2列に並ぶ。葉身は長さ2〜4cm、幅1〜1.7cmで倒卵形。先はまるいかややへこみ、基部はくさび形。縁には浅い鋸歯があり、裏面に少し巻き込む。やや厚い革質で、表面は光沢があり、裏面は淡緑色。両面とも無毛。葉柄は長さ約1mm。雌雄別株。葉腋に淡黄緑色の花が1〜4個束生する。花は直径2〜6mmの鐘形で、下向きに開き、強い臭気がある。雌花は雄花より小さい。花弁は5個。雄花には雄しべが10〜15個あるが、雌花では退化している。雌しべは1個。雄花では退化する。雌しべの花柱は3裂する。萼片は5個。花柄は長さ2〜3mm。果実は液果。直径約5mmほどの球形。11〜12月に黒紫色に熟す。中に10〜20個の種子が入っている。種子は長さ約2mm、不規則に角張る。表面は暗赤褐色で網目模様がある。花期は11〜12月。
冬芽は裸芽。長さ3〜5mmの披針形。緑色で赤みを帯びる。(樹に咲く花)
学名は、Eurya emarginata
モッコク科ヒサカキ属


2011年11月16日 雌花(雌株) 鹿島柱頭は3裂する。
ハマヒサカキ雌花 ハマヒサカキ雌花 ハマヒサカキ雌花
ハマヒサカキ雌花 ハマヒサカキ
雌花と果実果実は赤から黒へ熟していく。果実は1年かけて熟す。
ハマヒサカキ ハマヒサカキ果実 ハマヒサカキ果実
雄花(雄株)
ハマヒサカキ果実 ハマヒサカキ雄花 ハマヒサカキ雄花
葉は長さ約3cm、やや裏へ巻き込む。
ハマヒサカキ雄花 ハマヒサカキ葉 ハマヒサカキ葉
葉は両面とも無毛。縁に浅い鋸歯がある。冬芽は裸芽で赤味を帯びる。
ハマヒサカキ葉 ハマヒサカキ葉裏面 ハマヒサカキ冬芽
ハマヒサカキ樹皮 ハマヒサカキ



2007年11月25日 雌花(雌株) 鹿島
ハマヒサカキ雌花 ハマヒサカキ ハマヒサカキ
雄花(雄株)
ハマヒサカキ雄花 ハマヒサカキ ハマヒサカキ
2004年11月20日 雄花(雄株) 島根
ハマヒサカキ雄花 ハマヒサカキ雄花 ハマヒサカキ
2003年11月23日 雌花(雌株) 島根果実
ハマヒサカキ ハマヒサカキ ハマヒサカキ
ハマヒサカキ
2005年11月5日 雄花(雄株) 島根
ハマヒサカキ ハマヒサカキ
2014年1月29日 果実 鹿島
ハマヒサカキ果実 ハマヒサカキ果実 ハマヒサカキ果実
果実は直径約6.5mm。果実の裏面。
ハマヒサカキ果実 ハマヒサカキ果実 ハマヒサカキ果実
果実の縦断面。果実の横断面。
ハマヒサカキ果実 ハマヒサカキ果実 ハマヒサカキ種子
種子が13個入っていた。種子は不定形、長さ約2mm。表面に網目模様がある。
ハマヒサカキ種子 ハマヒサカキ種子 ハマヒサカキ種子
種子の網目模様。冬芽と葉痕。
ハマヒサカキ種子 ハマヒサカキ冬芽 ハマヒサカキ冬芽
葉身は長さ約3cm。
ハマヒサカキ葉 ハマヒサカキ葉 ハマヒサカキ葉裏面
葉の縁が裏面に巻いている。
ハマヒサカキ葉裏面鋸歯 ハマヒサカキ ハマヒサカキ
ハマヒサカキ樹皮 ハマヒサカキ
2006年8月5日 鹿島
ハマヒサカキ ハマヒサカキ ハマヒサカキ
ハマヒサカキ
2007年3月10日 冬芽 島根
ハマヒサカキ ハマヒサカキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑