イスノキ

常緑高木
静岡県以西〜沖縄の常緑樹林内に生える。幹は直立し、高さ20m、直径80cmほどになる。樹皮は暗灰色。老木ではうろこ状にはがれる。本年枝には褐色の星状毛がある。葉は互生。葉身は4〜9cm、幅2〜3.5cmの長楕円形。基部はくさび形で、縁は全縁。革質で表面はなめらか。両面とも無毛。葉柄は長さ5〜10mm。普通雌雄同株。葉腋に円錐花序をだし、上部に両性花、下部に雄花がつく。両性花には褐色の毛に覆われた雌しべがあり、上部は2裂する。雄しべは5〜8個あり、葯は紅色。雄花では雌しべは退化し、雄しべの花糸も短い。果実はさく果で、長さ7〜10mmの広卵形、先端に花柱が残り表面には黄褐色の毛が密生する。熟すと2裂し、長さ5〜7mmの楕円形の種子を出す。黒くて光沢がある。花期は4〜5月。
冬芽は褐色の星状毛におおわれる。(樹に咲く花)
学名は、Distylium racemosum
マンサク科イスノキ属


2014年4月23日 植栽 殿花序の下部に雄花がついていない。両性花の間にあるのは雌しべのない雄花。
イスノキ花序 イスノキ花序 イスノキ両性花
下部に雄花がつく花序。雄花には雌しべがない。
イスノキ両性花 イスノキ花序 イスノキ雄花
下部に雄花がつく花序。雄花には雌しべがない。虫えい(イスノキハタマフシ)。
イスノキ花序 イスノキ雄花 イスノキ虫えい
虫えい イスノキ イスノキ



2014年4月15日 植栽 殿雌しべと雄しべのある両性花。
イスノキ花序 イスノキ花序 イスノキ両性花
イスノキ
2014年4月10日 植栽 殿先端の花に雌しべが見える。まだ葯が開いていない。
イスノキ花序 イスノキ花序 イスノキ花序
花の基部に鱗片葉がある。雌しべを囲んで雄しべの葯がある。
イスノキ花序 イスノキ両性花 イスノキ両性花
雌しべは毛に覆われ、2裂する。開いていない雄しべの葯。鱗片葉には鱗状毛が密生する。
イスノキ雌しべ イスノキ雄しべ イスノキ鱗片葉
イスノキ鱗片葉 イスノキ花序 イスノキ
葉身は長さ約6cm。
イスノキ葉 イスノキ葉裏面
2011年7月23日 果実 植栽 島根
イスノキ果実 イスノキ果実 イスノキ果実
イスノキ イスノキ葉 イスノキ葉裏面
イスノキ冬芽 イスノキ冬芽 イスノキ樹皮
イスノキ
虫えい(イスノキエダナガタマフシ)
イスノキ虫えい イスノキ虫えい イスノキ虫えい
2011年3月5日 冬芽 植栽 殿
イスノキ冬芽 イスノキ冬芽 イスノキ冬芽
イスノキ冬芽 イスノキ冬芽 イスノキ葉
虫えい(イスノキハタマフシ)
イスノキ葉裏面 イスノキ虫えい イスノキ虫えい
イスノキ イスノキ樹皮 イスノキ樹皮
イスノキ
2007年11月25日 植栽 殿
イスノキ イスノキ イスノキ
イスノキ イスノキ イスノキ
イスノキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑