クマノミズキ(熊野水木)

落葉高木。
本州〜九州の丘陵〜山地の林内に生える。高さ8〜12m。直径30cmほどになる。ミズキ科特有の枝の張り方で、放射状にでて斜上する。樹皮は灰黒緑色。浅い裂け目が縦に入る。若い枝は稜があり、緑色または赤褐色で無毛。葉は対生。枝先に集まってつく。葉身は長さ6〜15cm、幅3〜7cmの卵状長楕円形。先端は鋭くとがり、基部は広いくさび形、ふちは全縁。両面に白く短い伏毛がある。裏面はやや粉白を帯びる。葉柄は長さ1〜3cm。枝先に葉より高く散房花序を出し、小さな黄白色の花を密につける。花弁は4個、長さ4〜5mmの狭長楕円形。雄しべは4個、花柱は1個。萼筒には白い伏毛が密生する。花序の枝は花時は緑色だが、果実が熟す頃には赤くなる。果実は核果。直径5mmの球形で、7〜10月に紫黒色に熟す。核は直径3〜4mmの球形で平滑、先にミズキのようなくぼみはない。花期は6〜7月。
冬芽は長さ約4mmの長楕円形、2個の幼芽が向かい合った裸芽で、先端はとがり、灰色の短毛が密生する。側芽は対生する。葉痕は半円形またはU字形で上向きにつきでる。維管束痕は3個。(樹に咲く花)
学名は、Cornus macrophylla
ミズキ科ミズキ属
花期が1か月ほど早いミズキは葉が互生する。


2003年6月15日 浜乃木
クマノミズキ花 クマノミズキ花 クマノミズキ花
クマノミズキ



2005年6月25日 八雲
クマノミズキ花序 クマノミズキ花序 クマノミズキ花序
葉が対生する。
クマノミズキ
2015年9月5日 果実 八雲果実の先端に萼片が残る。果実が熟す頃、果柄、果序枝は赤くなる。
クマノミズキ果実 クマノミズキ果実 クマノミズキ果実
果実は長さ約5mm。
クマノミズキ果実 クマノミズキ果実 クマノミズキ果実
果実先端部の萼片。
クマノミズキ果実 クマノミズキ果実 クマノミズキ果実
果実には上向きの伏毛がある。果実に1個の核がある。直径約4mm。核の基部(上)、核の先端部(下)。
クマノミズキ果実 クマノミズキ核 クマノミズキ核
核の基部、線条が8本ある。線条は反対側まで伸びている。核の先端部。
クマノミズキ核 クマノミズキ核 クマノミズキ核
線条が浅い溝となっている。葉は対生する。
クマノミズキ核 クマノミズキ葉 クマノミズキ葉
葉身は長さ約17cm。葉縁は細かな波状になる。葉の両面とも短い伏毛がある。
クマノミズキ葉 クマノミズキ葉 クマノミズキ葉
葉の裏面は粉白を帯びる。短い伏毛がある。
クマノミズキ葉裏面 クマノミズキ葉裏面 クマノミズキ
クマノミズキ クマノミズキ
2007年9月8日 果実 東持田
クマノミズキ果実 クマノミズキ果実
2007年7月8日 若い果実 東持田葉の縁が細かな波状になる。
クマノミズキ果実 クマノミズキ クマノミズキ
裏面は粉白を帯びる。葉は対生につく。
クマノミズキ クマノミズキ クマノミズキ
クマノミズキ クマノミズキ
2011年4月24日 若葉 玉湯
クマノミズキ クマノミズキ クマノミズキ
クマノミズキ クマノミズキ
2010年1月30日 冬芽 玉湯
クマノミズキ冬芽 クマノミズキ葉痕 クマノミズキ冬芽
クマノミズキ クマノミズキ樹皮 クマノミズキ
クマノミズキ
2007年11月25日 冬芽 鹿島
クマノミズキ冬芽 クマノミズキ冬芽 クマノミズキ
2008年3月2日 冬芽 玉湯
クマノミズキ冬芽 クマノミズキ冬芽 クマノミズキ
クマノミズキ クマノミズキ クマノミズキ
2006年6月3日 蕾 東忌部裏面は粉白を帯びる。
クマノミズキ クマノミズキ クマノミズキ
2003年7月26日 果実 忌部高原葉が対生する。
クマノミズキ クマノミズキ
2003年6月22日忌部高原
クマノミズキ クマノミズキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑