ムクノキ(椋の木)

落葉高木
関東地方以西〜沖縄の丘陵の日当たりの良いところに生える。高さ15〜20m、直径1mほどになる。樹皮は灰褐色でなめらか。老木になると鱗片状にはがれ、基部は板根状に広がる。本年枝は細く、円形の皮目が多い。葉は互生。葉身は長さ4〜10cm、幅2〜6cmの長楕円形。両面とも短い伏毛があって、著しくざらつく。先端はふつう尾状に長くとがり、基部は広いくさび形か丸く、左右不対象。基部から3本の脈が伸びている。縁には鋭い鋸歯がある。側脈は鋸歯の先端へ達する。葉柄は長さ約1cm。雌雄同株。葉の展開と同時に開花する。雄花は新枝の下部に集まってつき、雌花は上部の葉のわきに1〜2個つく。雄花の花被片は5個。長さ2mmほどの楕円形。雄しべは5個。雌花の花被は長さ2〜3mmの筒形。花柱は2裂し、柱頭に白い毛が密生する。果実は核果。直径7〜12mmの球形で、10月に紫黒色から黒色に成熟する。果肉は美味。干し柿に似た味で甘い。花期は4〜5月。
冬芽は長さ4〜6mmのやや扁平な長卵形。芽鱗は6〜10個。葉痕は三角形。(樹に咲く花)
学名は、Aphananthe aspera
アサ科ムクノキ属


2008年5月6日 雄花 鹿島雌花
ムクノキ雄花 ムクノキ雌花 ムクノキ
2007年4月28日 雄花 鹿島
ムクノキ雄花 ムクノキ雄花 ムクノキ



2015年11月23日 熟した果実 玉湯落ちた萎びた果実、長さ約1cm。果実に1個の核がある。長さ約8mm。
ムクノキ果実 ムクノキ果実 ムクノキ核
核の先端に種枕がついている。表面に粒状の小さな突起がある。
ムクノキ核 ムクノキ核 ムクノキ核
果実がほとんど落ちてしまっている。
ムクノキ ムクノキ
2009年11月15日 熟した果実 玉湯果実は長さ約1.2cm。
ムクノキ果実 ムクノキ果実 ムクノキ
ムクノキ ムクノキ ムクノキ
2007年11月25日 熟した果実 鹿島若い果実側脈から支脈が出る。
ムクノキ果実 ムクノキ果実 ムクノキ葉
側脈が鋸歯の先端に達する。伏毛がある。伏毛がある。
ムクノキ葉 ムクノキ葉裏面 ムクノキ葉裏面
冬芽は扁平な長卵形。
ムクノキ ムクノキ冬芽 ムクノキ冬芽
枝には皮目が多い。
ムクノキ枝 ムクノキ樹皮 ムクノキ
2006年8月5日 若い果実 鹿島
ムクノキ果実 ムクノキ果実 ムクノキ葉
側脈が鋸歯の先端に達する。
ムクノキ葉裏面 ムクノキ ムクノキ
ムクノキ ムクノキ
2007年9月2日 若い果実 鹿島側脈が分岐する。
ムクノキ果実 ムクノキ葉 ムクノキ葉裏面
ムクノキ ムクノキ ムクノキ
2012年6月14日 若い果実 美保関果実は長さ約1cm。
ムクノキ果実 ムクノキ果実 ムクノキ果実
葉は卵形で先が尖る。
ムクノキ葉 ムクノキ葉 ムクノキ葉
枝の樹皮、丸い皮目が多い。
ムクノキ葉裏面 ムクノキ葉裏面 ムクノキ枝
幹が板根状になる。
ムクノキ ムクノキ樹皮 ムクノキ
2010年8月21日 荘成
ムクノキ ムクノキ ムクノキ
ムクノキ ムクノキ ムクノキ

2011年6月29日 八雲
ムクノキ ムクノキ ムクノキ
2011年5月4日 八雲
ムクノキ ムクノキ ムクノキ
幹の基部が板根状になる。樹皮は短冊状に剥がれる。
ムクノキ ムクノキ ムクノキ

2003年8月15日 城山公園
ムクノキ ムクノキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑