2019-5-21 東出雲町 林道須田・大谷線

松江の花図鑑>日記



2019年5月25日(土) 東出雲町 林道須田・大谷線
 今日は、ガンピの花を見に東出雲町の山へ入りました。ちょうど花の時期に合いましたが、細い枝の花は風に揺れて、ピントの合った写真は、なかなか撮れませんでした。花の構造を調べてみると、子房の基部に4本の線形のものがありますが、なんなのでしょう。
 林道に葉が対生し先端に蕾のようなものをつけた草本がありました。茎や葉柄には毛が多く、葉の裏面の脈上にも毛があります。アカネ科を思わせますが、何なのでしょう。もうすぐ花が咲きそうなので、後日様子を見ようと思います。

ビオラ

ホソバツルノゲイトウ

マルバヤナギ

八雲町
ビオラ
八雲町
ホソバツルノゲイトウ
八雲町
マルバヤナギ(葉)

アツミゲシ

ハイイヌツゲ

ガンピ

八雲町
アツミゲシ(果実)
東出雲町
ハイイヌツゲ(雄花)
東出雲町
ガンピ

ウツボグサ

ヤマイバラ

ウワミズザクラ

東出雲町
ウツボグサ(蕾)
東出雲町
ヤマイバラ
東出雲町
ウワミズザクラ(幼果)

ユリノキ

朝日町
ユリノキ

 林道の終点まで山を上がると、林内にしっかりした径が続いていました。方向からすると、星上峠へ続く径ではないかと、確かめて見ることにしました。古い歴史を感じさせる径が残っていて歩きやすですが、1箇所ピークを回り込むように急斜面をトラバースするところは、踏み跡が狭く、踏み外すと滑り落ちそうでした。ピークへ上がって尾根筋を行けば問題ないと思われます。星上峠の下にあるアンテナが見えるところまで来ると、径が藪の中に消えてしまいました。ノイバラや笹をかき分けると、踏み跡があるようで、少しかき分けて入ってみましたが、ノイバラが多く、今回ナタを持ってきていなかったので、ここまでで断念しました。峠まではあと60mほどなので、次回に確認したいと思います。  

14:23
林道終点から山への径がある。
14:25
径が藪になる。
14:25
藪の手前から右へ径がある。

14:28
 
14:2914:32
急斜面の狭い径をトラバースする。

14:35
尾根から星上峠付近が見える。
14:3914:41

14:42
古い径の名残が感じられる。
14:5014:51

14:54
あと少しのところで藪になる。


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑