アツミゲシ(渥美罌粟)

越年草
北アフリカ原産で世界各地に帰化している。秋に発芽してロゼットを形成し、春に茎を伸ばし、まばらに分岐して高さ80cmほどになる。茎の上部や葉の裏面脈上に長さ3mmほどの肉質の剛毛がある。茎生葉は長楕円形披針形で通常深裂し、鋭鋸歯があり、無柄で基部は耳状に茎を抱く。茎の先端に直径6cmほどの4弁花をつけ、花弁は赤〜濃紫色でしばしば大きな斑紋がある。果実は直径1.5cmの長球形で先端に5〜9本の放射線のある柱頭が残る。1964年に愛知県で報告され、本州から九州まで市街地や荒れ地に散発的に発生する。ケシ(P.somniferum)ほどではないが未熟果実にモルヒネを含むため、麻薬取締の対象になっている。花期は春〜夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Papaver somniferum subsp. setigerum
ケシ科ケシ属



2019年5月11日 八雲花は直径約6cm、花弁は4個。柱頭に9本の放射線がある。

アツミゲシ花

アツミゲシ花

アツミゲシ花

花弁は幅約6cm。花弁の下半部に大きな斑紋がある。萼は開花とともに落ちてしまう。

アツミゲシ花

アツミゲシ花

アツミゲシ

若い果実。9個の放射線のある柱頭が残る。果実は長さ約2cm。

アツミゲシ果実

アツミゲシ果実

アツミゲシ果実

果実の縦断面。多数の微細な種子が詰まっている。表面に網目状の凹凸がある。

アツミゲシ果実

アツミゲシ種子

アツミゲシ種子

種子は長さ0.6〜0.7mm。花柄に毛がある。蕾の萼に毛がある。

アツミゲシ種子

アツミゲシ蕾

アツミゲシ蕾

葉の縁に鋭い鋸歯がある。下部の葉は深裂している。葉の裏面脈上に長い毛がある。

アツミゲシ葉

アツミゲシ葉

アツミゲシ葉裏面

葉は無柄で茎を抱く。茎を切ると白い乳液が出る。

アツミゲシ葉裏面

アツミゲシ葉

アツミゲシ茎

アツミゲシ

アツミゲシ

アツミゲシ

アツミゲシ






島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑