ヤマグワ(山桑)

落葉低木
北海道〜琉球の低山地の林内に生える。高さ3〜10mになる。若枝は無毛。托葉は線状披針形または狭長楕円形で、先がとがり、長さ7〜12mm、背面に長い灰白色の軟毛が密生する。葉柄は長さ2〜3.5cmで無毛。葉身は卵状広楕円形でしばしば深く3〜5裂し、先は短く尾状にとがり、基部は切形または浅心形、長さ6〜14cm、幅4〜7cm、表面は脈上に短毛が散在するほかは無毛であるが、異形細胞の先が突出し、多数の微小な毛があるように見え、裏面は脈上に短毛が散生し、側脈の基部に軟毛がある。若枝下部の鱗片葉または葉のわきから1個ずつ尾状花序を伸ばす。雌雄異株まれに同株。雄花序の柄は長さ1cmほどであらい毛があり、雄花序は円筒形で長さ約2cm、幅5mm、無柄または短柄のある雄花をつける。雄花の花被片は卵形で先は鈍いく、背面にあらい毛があるほかは無毛。雌花序の柄は長さ4〜10mmであらい毛があり、雌花序は球形または楕円形で、長さ4〜6mm、幅5mm、多数の雌花をつける。雌花の花被片は円形で、縁に短毛が散生するほかは無毛。花柱は長さ約2〜2.5mmで、1〜1.5mmの柄があり、先は浅く2裂する。複合果は紫黒色に熟す。花期は4〜5月。(日本の野生植物)
冬芽は、卵形で長さ3〜6mm。芽鱗は4〜7個あり、淡褐色で無毛。葉痕は半円形〜扁円形。多数の維管束痕が輪状に並ぶ。(樹に咲く花)
学名は、Morus australis
クワ科クワ属
よく似たマグワ(クワ)は雌雄異株あるいは同株で花柱がきわめて短い。
ヒメコウゾは葉柄が1cm弱と短く、鋸歯が細かい。ヤマグワ、マグワは葉柄が2cm以上あり、鋸歯が粗く尖る。



2014年5月22日 雌花 八雲葉先がつき出し、粗い尖った鋸歯がある。

ヤマグワ雄花

ヤマグワ雄花

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉




2014年5月4日 雄花 八雲雄花は柄を含めて長さ約2.5cm。

ヤマグワ雄花

ヤマグワ雄花

ヤマグワ雄花

雄花は4個の花被片と4個の雄しべがある。雌しべと雄しべがある奇形の花(?)。

ヤマグワ雄花

ヤマグワ

ヤマグワ

花の部分は長さ約1cm。雌しべの周りに雄しべがある。

ヤマグワ

ヤマグワ

ヤマグワ

ヤマグワ

ヤマグワ

ヤマグワ葉

葉先がつき出し、粗い尖った鋸歯がある。葉柄基部に托葉があるが、早くに落ちる。

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉裏面

ヤマグワ托葉

ヤマグワ

2010年5月1日 雄花 八雲

ヤマグワ雄花

ヤマグワ雄花

ヤマグワ雄花

ヤマグワ雄花

ヤマグワ

2010年4月17日 芽吹きと蕾 八雲

ヤマグワ芽吹き

ヤマグワ芽吹き

2010年6月20日 八雲

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉

ヤマグワ

2010年3月13日 冬芽 八雲

ヤマグワ冬芽

ヤマグワ冬芽

ヤマグワ冬芽

ヤマグワ樹皮

ヤマグワ樹皮


2008年5月3日 雌花 花柱が長い。 三瓶山

ヤマグワ雌花

ヤマグワ雌花

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉裏面

ヤマグワ

ヤマグワ樹皮

2004年4月25日 雌花 八雲市場

ヤマグワ雌花

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉

2006年4月28日 雄花 宍道

ヤマグワ雄花

ヤマグワ雄花

2005年6月4日 果実 長い花柱が残っている。 宍道来待

ヤマグワ果実

ヤマグワ枝

ヤマグワ葉

ヤマグワ

2010年5月30日 若い果実 枕木山

ヤマグワ果実

ヤマグワ果実

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉裏面

ヤマグワ葉

ヤマグワ樹皮

ヤマグワ

2006年5月21日 八雲

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉裏面

2006年2月25日 冬芽 八雲

ヤマグワ冬芽

ヤマグワ冬芽

ヤマグワ冬芽

ヤマグワ樹皮

ヤマグワ樹皮

ヤマグワ

2009年8月15日 東忌部
葉柄は長さ約3cm。

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉


葉脈は隣の葉脈と合流する。

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉裏面

ヤマグワ葉裏面

ヤマグワ枝

ヤマグワ


コンクリート割れ目に生えたためか葉が約4cmと小さい。
2011年11月4日 大井葉は長さ約4cm。

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉

ヤマグワ葉裏面

ヤマグワ葉裏面

ヤマグワ枝

ヤマグワ

ヤマグワ

ヤマグワ樹皮

ヤマグワ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑


他の画像を見る。