イヌビエ(犬稗)

1年草
北海道〜九州の道ばた、水田などやや湿ったところに生える。茎は高さ80〜120cm。基部で分枝する。葉は長さ30〜50cmで、幅1〜2cmの線形でざらつく。基部の葉鞘はやや赤みを帯びる。葉舌はまったくない。花序は長さ10〜25cmで、短い枝を多数だし、緑色〜紫褐色の小穂を密につける。小穂は長さ3〜4mmの卵形で、先は鋭くとがり、ふつうは芒はなく、あっても短い。両性の小花は光沢のある淡黄色。花期は8〜10月
学名は、Echinochloa crusgalli
イネ科イヌビエ属
他にタイヌビエなどの変種があるが区別は難しい。ケイヌビエは芒の長さが2cm以上あるとされる。



2005年8月28日 東忌部

イヌビエ

イヌビエ

イヌビエ

2007年9月15日 東忌部

イヌビエ

イヌビエ

イヌビエ

イヌビエ

小穂は4.5mm程度ある。

イヌビエ

イヌビエ

イヌビエ

イヌビエ

イヌビエ

2007年8月16日 玉湯

イヌビエ

イヌビエ


升目は1cm 小穂は4mm程度ある。

イヌビエ

イヌビエ

葉舌は全くない。

イヌビエ

イヌビエ

2007年11月25日 下佐陀

イヌビエ

イヌビエ

小穂は4mm程度ある。

イヌビエ

イヌビエ

2003年10月4日 乃白

イヌビエ

イヌビエ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑