ヨモギに似た仲間 




私の写した画像から、ヨモギに似たの仲間の区別に参考となると思われるものを載せてみます。

ヨモギ 葉は互生し、羽状に深裂する。表面は緑色で裏面は綿毛を密生して灰白色となる。頭花は大きな円錐花序に多数つく。
ヨモギ ヨモギ ヨモギ
ヨモギ
イヌヨモギ 茎葉は長さ4.5〜8.5cmの倒卵形〜さじ形で、ふちには大きな鋸歯がある。頭花は直径約3mmの球形で、下向きに咲く。
イヌヨモギ イヌヨモギ イヌヨモギ
イヌヨモギ イヌヨモギ
オトコヨモギ 茎、葉ともに無毛。中部の葉は普通長さ4〜8cmのへら状くさび形で、上半部に歯牙があるものから羽状に切れ込むものまで変化が多い。頭花は円錐状に多数つき、直径1.5mmの卵形。
オトコヨモギ オトコヨモギ オトコヨモギ
オトコヨモギ オトコヨモギ
イワヨモギ 葉は2回羽状複葉。日本では北海道に分布するものだが、大陸産のものが道路工事などの法面植栽に伴い分布を広げている。
イワヨモギ イワヨモギ イワヨモギ
イワヨモギ
ヒメヨモギ 茎の中部の葉は長さ3〜7cm、幅3〜6.5cm、羽状に深裂し、裂片は3mm以下、裏面に白綿毛がある。葉は中部以下では羽状に細く深裂し、上部の葉は線形で分裂しない。円錐花序に多数の小さな花をつける。花は白〜薄紅色。
ヒメヨモギ ヒメヨモギ ヒメヨモギ
ヒメヨモギ ヒメヨモギ ヒメヨモギ
ちょと違ったヨモギ 林道法面に普通のヨモギとちょっと違った感じのヨモギが生えている。



検索エンジンからご訪問の方は松江の花図鑑へどうぞ。