ヤナギハナガサ(柳花笠)

多年草
南アメリカ原産。第二次世界大戦後、東海地方で帰化が知られ、現在では全国的に市街地の道ばたなどに見られるようになった。全体に剛毛があって著しくざらつく。大きな根株から直立す茎を出し、よく分枝して高さ1.5mほどになる。茎は通常4稜。葉は広線形で縁に鋸歯があり、無柄で基部はやや茎を抱き、対生する。茎の頂に花序を出し、先端の5裂した紫色の、長さ1cmほどの筒状の花を密につける。花穂は開花に伴って伸長する。花期は夏〜秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Verbena bonariensis
クマツヅラ科クマツヅラ属
似た花にアレチハナガサダキバアレチハナガサシュッコンバーベナハマクマツヅラなどがある。アレチハナガサ類 図入り検索表


2012年9月27日 大井花筒が長い。
ヤナギハナガサ花 ヤナギハナガサ花 ヤナギハナガサ花
花は萼を含めて長さ約9mm。花は直径約5mm。花穂はあまり長く伸びない。
ヤナギハナガサ花 ヤナギハナガサ花 ヤナギハナガサ花序
葉は無柄、一度狭まり、広がって茎につく。茎や葉には毛、腺毛が多い。
ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ葉
葉はほぼ一定の幅を保つ。葉の裏面は淡色で、毛が多い。葉はやや茎を抱く。
ヤナギハナガサ葉裏面 ヤナギハナガサ葉裏面 ヤナギハナガサ茎
ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ



2012年7月10日 東出雲花は5裂する。花筒は長く、毛がある。
ヤナギハナガサ花 ヤナギハナガサ花 ヤナギハナガサ花
花穂は長くならず固まって咲く。茎に腺毛がある。
ヤナギハナガサ花 ヤナギハナガサ茎 ヤナギハナガサ花序
上 下部の葉、下 上部の葉。
ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ葉
縁には鋸歯がある。
ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ葉裏面 ヤナギハナガサ葉裏面
葉柄はなく、基部は広がって茎を抱く。
ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ茎 ヤナギハナガサ
ヤナギハナガサ
2008年9月27日 八雲
ヤナギハナガサ花 ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ葉
葉の基部は一度細まり、広がる。
ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ
2005年6月12日 八雲
ヤナギハナガサ花 ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ葉
ヤナギハナガサ
2013年3月4日 果実 八雲果穂は長くならず固まっている。
ヤナギハナガサ果序 ヤナギハナガサ果実 ヤナギハナガサ果実
萼は長さ約3.5mm。萼の中に果実がある。果実は4分果。
ヤナギハナガサ果実 ヤナギハナガサ果実 ヤナギハナガサ果実
分果は長さ1.5〜2mm。分果の腹面には楕円状の突起がある。
ヤナギハナガサ果実 ヤナギハナガサ果実 ヤナギハナガサ果実
ヤナギハナガサ果実 ヤナギハナガサ果序 ヤナギハナガサ葉
ヤナギハナガサ
2011年5月14日 幼株 玉湯茎には開出毛があり、葉の基部は茎を抱く。
ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ葉
茎に腺毛がある。
ヤナギハナガサ茎 ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ葉
ヤナギハナガサ葉 ヤナギハナガサ葉裏面 ヤナギハナガサ葉
ヤナギハナガサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑