ヤマカモジグサ(山髢草)

多年草
北海道〜九州の山地の丘陵〜山道のわき、あるいは林内に生育する。種子で繁殖し、散生する。根茎は短く、錯綜し、匍匐茎を欠き、越冬芽は地表にある。茎はやや倒伏または斜上して叢生し、細く平滑であるが、節に白い毛が密生する。葉身は線形で、両面の脈上と縁に毛がある。葉鞘は毛が密生する。花序は穂状で長さ7〜10cm、先端は下垂する。小穂は線状紡錘形で長さ15〜25mm、6〜8小花よりなる。小花は長さ7.5mm、第1苞頴は長さ4mm、第2苞頴は8.5mm。護穎と内頴はほぼ同長で護穎に長さ5〜10mmの芒がある。果実は広線形、乳褐色で長さ5.5〜7mm。花期は6〜7月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Brachypodium sylvaticum
イネ科ヤマカモジグサ属
よく似たものにカモジグサアオカモジグサなどがある。


2015年7月2日 鹿島花序は長さ約10cm。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
小穂は長さ2〜2.3cm。8小花がある。(乾燥標本)第1苞穎は長さ約6mm、第2苞穎は7mm。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
護穎には5〜6mmの芒がある。護穎は長さ約9mm、内穎は同長。護穎の先は芒となり、内穎の縁に毛がある。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
葉舌は切形。節は膨らみ毛が密生する。葉や葉鞘には毛が密生する。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
茎の長さは約60cm。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ



2011年7月31日 鹿島
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
小穂苞穎をはずした。第1苞穎が短い。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
護穎には5〜10mmの芒がある。護穎と内穎はほぼ同長。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
護穎を外すと果実がある。果実。内穎。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
葉は基部近くから反転する。葉の表となっている側。葉の裏となっている側。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
葉鞘は毛が密生する。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
2011年7月6日 美保関少数の小穂がつく。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
小穂に約1mmの柄がある。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
第1苞穎が少し短い。護穎と内穎は同長。芒が長さ約8mmある。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
葉鞘や葉には毛が密生する。葉舌は切形。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
葉は基部近くで反転する。
ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ ヤマカモジグサ
ヤマカモジグサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑