ヤブハギ(薮萩)

多年草
北海道〜九州の山地の林内や縁に生え、草丈は60〜100cm。ヌスビトハギの変種で、葉は茎の中央から下に集まってつき、互生で狭卵形の3小葉からなる。小葉は長さ4〜6cmの狭卵形で、中心部より下側が最大幅で先は次第に細くなる。裏は淡緑色。茎先の細長い総状花序に、淡紅色の花をまばらにつける。花は蝶形で長さ3〜4mm。節果には短い柄があり、半月形の小節果がふつう2個つく。節果にはカギ状の毛がある。花期は8〜9月。
学名は、Desmodium podocarpum ssp. oxyphyllum var. mandshuricum
マメ科ヌスビトハギ属
似た仲間にヌスビトハギケヤブハギがある。似た仲間



2011年8月6日 八雲

ヤブハギ花

ヤブハギ花

ヤブハギ花序

小葉の下半部が最も幅が広い。

ヤブハギ

ヤブハギ葉

ヤブハギ葉

茎の下部に葉が集まる。

ヤブハギ葉

ヤブハギ葉裏面

ヤブハギ

ヤブハギ

ヤブハギ




2006年8月19日 美保関

ヤブハギ花

ヤブハギ果実

ヤブハギ葉

ヤブハギ葉裏面

ヤブハギ茎

ヤブハギ

2004年9月20日 田和山果実

ヤブハギ花序

ヤブハギ果実

ヤブハギ花序

ヤブハギ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑