サナエタデ(早苗蓼)

1年草
北海道〜九州の道ばたや畑などに生える。オオイヌタデと似るが高さは30〜60cmとやや小型で節はふくらまない。葉は長さ4〜12cmの披針形で、ときに裏面に白い綿毛が密生する。托葉鞘は膜質で、ふちに毛がない。花序は長さ1〜5cmで、先は垂れない。花被は淡紅色又は白色で、2分岐する脈があり、果期には目立つ。花期は5〜10月。(野に咲く花)
学名は、Persicaria lapathifolia
タデ科イヌタデ属
似た花の仲間


2012年7月10日 東出雲花穂の先は垂れない。
サナエタデ サナエタデ サナエタデ
葉には黒斑がある。
サナエタデ サナエタデ サナエタデ
葉の縁に毛がある。
サナエタデ サナエタデ サナエタデ
托葉鞘の縁に毛が無い。
サナエタデ サナエタデ サナエタデ
サナエタデ



2007年6月23日 鹿島花穂の先は垂れない。托葉鞘の縁に毛は無い。
サナエタデ サナエタデ サナエタデ
サナエタデ サナエタデ サナエタデ
サナエタデ サナエタデ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑