オオイヌタデ(大犬蓼)

1年草
日本全土の道端や荒れ地、河原に生える。茎葉よく分枝して高さは0.8〜2mになり、節はふくらむ。葉は長さ15〜25cmの披針形で、先は長くとがる。托葉鞘は筒状で、普通ふちに毛がない。花序は長さ3〜7cmと長くて先は垂れ下がり、淡紅色または白色の花をつける。花被は4〜5裂し、果期には先が2分岐した脈が目立つ。そう果は扁平な円形で黒褐色。花期は6〜11月。(野に咲く花)
学名は、Persicaria lapathifolia
タデ科イヌタデ属
似た花の仲間


2010年10月2日 花穂の先は垂れる。 玉湯果実は直径約2mm、円形。
オオイヌタデ オオイヌタデ オオイヌタデ
葉に側脈が目立つ。托葉鞘の縁に毛が無い。
オオイヌタデ オオイヌタデ オオイヌタデ
茎に斑点がある。
オオイヌタデ オオイヌタデ オオイヌタデ



2006年9月2日 花穂の先は垂れる。 八雲
オオイヌタデ オオイヌタデ オオイヌタデ
節は膨らみ、托葉鞘の縁は毛がない。茎に斑点がある。
オオイヌタデ オオイヌタデ オオイヌタデ
オオイヌタデ
2004年8月28日 乃白節が膨らみ、茎に斑点がある。
オオイヌタデ オオイヌタデ オオイヌタデ
2003年9月21日 東忌部
オオイヌタデ オオイヌタデ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑