ミズヒキ(水引)

多年草
日本全土の林ややぶのふちなどにふつうに生える。高さ50〜80cm。葉は互生し、長さ7〜15cmの広楕円形〜倒卵形で先は急にとがり、中央付近にしばしば黒い斑点がある。茎の先に長さ約30cmの細い総状花序をだし、小さな花がまばらに横向きにつく。花被片は深く4裂し、上部の3個は赤く、下部の1個は白い。花被片が全部白色のものもある。花柱は2個。そう果は花被片に包まれて熟し、先がカギ形に曲がった花柱が残り、これで動物などにくっつく。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Persicaria filiformis
タデ科イヌタデ属
萼片の全てが白い品種をギンミズヒキという。
全体にほとんど無毛、葉が細長く厚い、花穂の節間が狭く、花が密集して付くシンミズヒキがある。


2008年9月27日 葉に黒斑のないもの。八雲
ミズヒキ ミズヒキ ミズヒキ
葉の表裏とも毛が多い。
ミズヒキ ミズヒキ ミズヒキ
ミズヒキ ミズヒキ



2004年7月4日 鹿島
ミズヒキ ミズヒキ
2003年9月21日 東忌部
ミズヒキ ミズヒキ ミズヒキ
2015年11月12日 果実 東持田
ミズヒキ果実 ミズヒキ果実 ミズヒキ果実
枯れた花被に包まれた果実、長さ約3mm。果実には先が曲がった花柱が残る。
ミズヒキ果実 ミズヒキ果実 ミズヒキ果実
花被を除いた果実。V字形の斑紋がある。
ミズヒキ果実 ミズヒキ ミズヒキ葉
ミズヒキ ミズヒキ
2010年11月11日 果実 八雲
ミズヒキ ミズヒキ ミズヒキ
ミズヒキ ミズヒキ ミズヒキ
ミズヒキ
2004年7月3日 安来市
ミズヒキ ミズヒキ
2007年9月15日 斑入り 東忌部
ミズヒキ ミズヒキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑