ミチタネツケバナ(道種浸け花)

越年草
ヨーロッパから東アジア原産。1992年に宮城県から日本海側にかけて侵入が報告された。関東地方など太平洋側でも見つかっており、既に広範に分布していると考えられる。道ばた、芝生、庭園などに群生する。在来の近縁種タネツケバナに非常によく似るが、果時にも根生葉が生存する、花弁の長さ2〜3mm、雄しべ数4本の花が多い、開花が早いなどの点で識別できる。茎、葉は無毛。葉は羽状深裂し、小葉は広楕円形で頂葉が大きく、卵形を呈す。根生葉の小葉には柄がある。茎には葉があまりつかない。 花期は春。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Cardamine hirsuta
アブラナ科タネツケバナ属
タネツケバナに似ているもの。


2013年4月1日 八雲果実は開出せず、茎に沿って斜上する。
ミチタネツケバナ花 ミチタネツケバナ花 ミチタネツケバナ花序
花は直径約3mm。未熟な果実は長さ約2.2cm。
ミチタネツケバナ花 ミチタネツケバナ花 ミチタネツケバナ果実
種子は隔壁を挟んで2列に並ぶ。未熟な種子は長さ約1mm。
ミチタネツケバナ種子 ミチタネツケバナ種子 ミチタネツケバナ種子
茎葉(上、中)と根生葉(下)。根生葉。
ミチタネツケバナ葉 ミチタネツケバナ葉 ミチタネツケバナ葉
葉に毛がある。茎につく葉。
ミチタネツケバナ葉 ミチタネツケバナ葉裏面 ミチタネツケバナ葉
葉に毛がある。葉柄に毛がある。
ミチタネツケバナ葉 ミチタネツケバナ葉裏面 ミチタネツケバナ葉柄
葉柄の毛。茎は無毛。
ミチタネツケバナ葉柄 ミチタネツケバナ果序 ミチタネツケバナ果序
茎は無毛。根生葉がはっきりしている。
ミチタネツケバナ茎 ミチタネツケバナ根生葉 ミチタネツケバナ
ミチタネツケバナ ミチタネツケバナ



2012年4月14日 八雲雄しべは6本ある。
ミチタネツケバナ花 ミチタネツケバナ花 ミチタネツケバナ花序
果実は茎に寄り添う。
ミチタネツケバナ果序 ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ果実
ミチタネツケバナ種子 ミチタネツケバナ種子 ミチタネツケバナ根生葉
葉に短毛がある。左は根生葉、右は茎葉。
ミチタネツケバナ葉 ミチタネツケバナ葉 ミチタネツケバナ葉
短毛が散生する。
ミチタネツケバナ葉 ミチタネツケバナ葉 ミチタネツケバナ葉裏面
ミチタネツケバナ根生葉 ミチタネツケバナ花序 ミチタネツケバナ
2009年3月8日 秋鹿長角果(実)は茎に寄り添う。果実は無毛
ミチタネツケバナ花 ミチタネツケバナ果序 ミチタネツケバナ果実
上が茎葉、下は根生葉。小片はほとんど切れ込まない。
ミチタネツケバナ葉 ミチタネツケバナ葉 ミチタネツケバナ葉裏面
ミチタネツケバナ葉 ミチタネツケバナ茎 ミチタネツケバナ
2005年3月19日 千酌
ミチタネツケバナ花 ミチタネツケバナ花 ミチタネツケバナ花序
長角果(実)は茎に寄り添う。茎は無毛。小片はほとんど裂けない。
ミチタネツケバナ果序 ミチタネツケバナ茎 ミチタネツケバナ葉
根生葉はしっかりしている。
ミチタネツケバナ根生葉 ミチタネツケバナ
2005年2月5日 佐草
ミチタネツケバナ花 ミチタネツケバナ茎 ミチタネツケバナ葉
ミチタネツケバナ根生葉
2013年4月4日 果実 魚果実は茎に沿うように斜上する。
ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ葉
葉柄に毛がある。
ミチタネツケバナ葉柄 ミチタネツケバナ根生葉 ミチタネツケバナ
2013年4月18日 果実 袖師果実は茎に沿うように斜上する。
ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ果実
果皮が巻き上がって両面の種子がでる。果実は長さ約2cm。種子は両面に1列に並ぶ。
ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ種子
果実の中の隔壁を挟んで種子が並ぶ。果実の中の隔壁。種子は交互に果皮と繋がっている。
ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ種子
種子は長さ約1mm。果期にも根生葉が残っている。
ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ根生葉 ミチタネツケバナ
2014年4月23日 果実 寺果実は開出せず茎に沿う。
ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ果実
果実は長さ約2cm。熟すと果皮がとれて種子が出る。種子は両面に1列に並ぶ。
ミチタネツケバナ果実 ミチタネツケバナ種子 ミチタネツケバナ種子
種子は長さ約1〜1.2mm。根生葉が残る。
ミチタネツケバナ種子 ミチタネツケバナ種子 ミチタネツケバナ根生葉
ミチタネツケバナ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑