タネツケバナ(種浸け花)

越年草
日本全土の水田跡や道ばたにふつうに生える。茎は下部から分枝して高さ10〜30cm、下部は通常暗紫色を帯びて短毛がある。葉は7〜10個の小葉があり、頂小葉は少し大きい。側小葉は狭長楕円形〜倒卵形、幅1〜6mm。花は白色、花弁は長さ3〜4mm。果実は無毛で長さ2cm内外。花期は3〜5月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Cardamine scutata
アブラナ科タネツケバナ属
タネツケバナの仲間
 アキノタネツケバナ 稲刈り後の田んぼや畦にさく。
 タチタネツケバナ 茎が細く直立、果期にも根生葉が残る。毛が多い。
 オオバタネツケバナ 葉が大きい。無毛。
 ミチタネツケバナ 雄しべ4本。果期にも根生葉が残る。無毛。
などがある。


2015年3月30日 東長江花は直径約6mm。
タネツケバナ花 タネツケバナ花 タネツケバナ花
下部の葉(上)と中部の葉(下)。
タネツケバナ花 タネツケバナ葉 タネツケバナ葉
葉軸に毛がある。長さ約4.5cm。
タネツケバナ葉裏面 タネツケバナ葉 タネツケバナ葉裏面
小葉の裏面に毛がある。茎には毛が多い。下部の茎は毛が密生する。
タネツケバナ葉裏面 タネツケバナ タネツケバナ
根生葉は枯れ始めている。高さは約30cm。
タネツケバナ タネツケバナ タネツケバナ
2013年4月1日 八雲
タネツケバナ花 タネツケバナ花 タネツケバナ花
花は直径約4mm。果実は開出気味に茎につく。
タネツケバナ花 タネツケバナ花 タネツケバナ
未熟な果実は長さ約2cm。種子は隔壁を挟んで2列につく。未熟な種子は長さ約1mm。
タネツケバナ果実 タネツケバナ種子 タネツケバナ種子
未熟な種子。
タネツケバナ種子 タネツケバナ種子 タネツケバナ葉
葉には毛がある。葉の葉軸に毛がある。
タネツケバナ葉 タネツケバナ葉 タネツケバナ葉
葉の裏面に毛がある。
タネツケバナ葉裏面 タネツケバナ葉裏面 タネツケバナ葉
茎の下部には毛が多い。
タネツケバナ茎 タネツケバナ茎 タネツケバナ
タネツケバナ



2012年4月17日 宍道雄しべは6本ある。
タネツケバナ花 タネツケバナ花 タネツケバナ花
左から下部〜上部の葉。葉は羽状複生葉。
タネツケバナ葉 タネツケバナ葉 タネツケバナ葉
頂小片は3裂し、側小片は2裂している。茎には毛が散生する。果実は開き気味に斜上する。
タネツケバナ葉 タネツケバナ茎 タネツケバナ果実
根生葉は枯れている。
タネツケバナ タネツケバナ タネツケバナ
2012年4月17日 宍道花弁を除いたもの。6本の雄しべ。
タネツケバナ花序 タネツケバナ花 タネツケバナ雄しべ
左から根生葉、下部〜上部の葉。
タネツケバナ花序 タネツケバナ葉 タネツケバナ葉
頂小片が大きい。果実。
タネツケバナ葉 タネツケバナ葉裏面 タネツケバナ果実
茎には毛がある。下部の茎や葉柄に毛が多い。根生葉がある。
タネツケバナ茎 タネツケバナ茎 タネツケバナ根生葉
主茎は直立、側茎は這ったあと斜上する。
タネツケバナ タネツケバナ タネツケバナ
2011年4月6日 玉湯雄しべは6本ある。
タネツケバナ花 タネツケバナ花 タネツケバナ雄しべ
下部の葉上部の葉茎の上部
タネツケバナ葉 タネツケバナ葉 タネツケバナ茎
茎の下部は毛が多い。
タネツケバナ茎 タネツケバナ花序 タネツケバナ
2007年3月17日 雄しべは6本。 八雲矢谷角果は茎から広がってつく。
タネツケバナ花 タネツケバナ花 タネツケバナ花序
小さなものには根生葉がまだある。茎の下部には毛が多い。葉柄、葉軸にも毛がある。小片には切れ込みがある。
タネツケバナ根生葉 タネツケバナ茎 タネツケバナ葉
大きなものは根生葉が枯れている。果柄に短毛があるようだ。田んぼ一面に花盛り。
タネツケバナ タネツケバナ タネツケバナ
2005年3月19日 千酌
タネツケバナ花 タネツケバナ茎 タネツケバナ葉
タネツケバナ タネツケバナ
2007年2月12日 ロゼット葉 佐草
タネツケバナ ロゼット葉 タネツケバナ ロゼット葉 タネツケバナ ロゼット葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑