マタタビ(木天蓼)

落葉つる性木本
北海道〜九州の山地や丘陵、原野の林縁に生える。つるは紫黒色。楕円形、線状の皮目が多い。若枝ははじめ淡褐色で軟毛があるが、のちに無毛。葉は互生。長さ約6〜15cm、幅3.5〜8cmの広卵形。先端は鋭くとがり、基部は円形〜切形、ふちには刺状の小さな鋸歯。質は薄く、両面の脈上にかたい毛が散生する。裏面ははじめ脈や脈腋に淡褐色の軟毛があるが、のちに落ちる。枝の上部につく葉は花期に表面が白色になる。葉柄は2〜7cm。雌雄別株。本年枝の中部付近の葉腋に芳香のある白い5弁の花を下向きにつける。花は直径2〜2.5cm。花弁は5個、広楕円形で長さ1〜1.2cm。雄しべは多数。葯は黄色。両性花の子房は長楕円形で無毛。花柱は線形で多数あり、放射状に開出する。萼片は5個。果実は液果。長さ2〜2.5cmの長楕円形で、先端はくちばし状に細くなり、10月に橙黄色に熟す。中には長さ約1.5mmの小さな種子がある。花期は6〜7月。
冬芽は、半隠芽。隆起した葉枕に埋もれ、先端だけ見える。葉痕は円形で、維管束は1個。(樹に咲く花)
学名は、Actinidia polygama
マタタビ科マタタビ属
虫えいについて  「雄花の咲いている木は、花のできる途中に虫が入ることにより、花にならずに虫こぶになります。」
マタタビ 花と果実
よく似た花のウラジロマタタビ(サルナシ)は雄しべの葯が黒い。


2005年6月12日 雄花 八雲
マタタビ花 マタタビ花 マタタビ花
マタタビ マタタビ



2005年6月25日 雄花 八雲
マタタビ花 マタタビ葉 マタタビ葉

虫えい(マタタビミフクレフシ)
マタタビ葉 マタタビ虫えい
2008年6月1日 蕾 八雲
マタタビ蕾 マタタビ
2007年10月20日 果実 八雲
マタタビ果実 マタタビ
2013年9月16日 果実 八雲果実は長さ約4cm。
マタタビ果実 マタタビ果実 マタタビ果実
果実の横断面、直径約1.5cm。果実の縦断面。種子は長さ約1.5mm。
マタタビ果実 マタタビ果実 マタタビ種子
種子の表面に網目模様がある。
マタタビ種子 マタタビ種子 マタタビ葉
葉身は長さ約11cm。
マタタビ葉 マタタビ葉 マタタビ葉裏面
裏面の脈上に毛がある。
マタタビ葉裏面 マタタビ マタタビ
2010年8月7日 若い果実 大東
マタタビ果実 マタタビ葉 マタタビ葉裏面


虫えい(マタタビミフクレフシ)
マタタビ樹皮 マタタビ マタタビ虫えい
マタタビ
2008年8月2日 八雲
マタタビ葉 マタタビ マタタビ葉裏面
マタタビ葉裏面 マタタビ葉裏面 マタタビ
2006年3月5日 冬芽 八雲
マタタビ冬芽 マタタビ冬芽 マタタビ冬芽
2005年7月17日 虫えい(マタタビミフクレフシ) 八雲葉の両面脈上に毛がある。
マタタビ虫えい マタタビ葉 マタタビ
若い実
マタタビ果実
2015年4月26日 若葉 八雲つるは紫黒色、皮目が多い。
マタタビ若葉 マタタビ若葉 マタタビつる
マタタビ マタタビ
2010年5月1日 若葉 八雲
マタタビ マタタビ マタタビ
マタタビ
2015年6月13日 八雲花期には枝の上部の葉が白くなる。
マタタビ マタタビ マタタビ
2007年12月8日 東忌部刺状の鋸歯。
マタタビ マタタビ マタタビ
マタタビ マタタビ
2008年5月3日 三瓶山
マタタビ葉 マタタビ葉裏面 マタタビ葉裏面
マタタビ枝 マタタビ樹皮 マタタビ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑


他の画像を見る。