ホソバノウナギツカミ(細葉の鰻掴)

1年草
本州〜沖縄の水辺に生える。茎の下部は地をはって節から根をだし、分枝する。上部は立ち高さ30〜80cm、稜角があり、逆刺がある。葉は披針形で長さ4〜10cm、先は次第に狭くなって、基部はほこ形、薄い洋紙質で縁に刺毛があるほかは無毛。葉柄は短いかまたはなく、葉鞘は褐膜質7〜17mm。花は枝の先が2〜3岐し、それにまばらに穂状につく。花被は紅色、長さ3mm。果実は球形、長さ2mm、淡褐色で光沢はない。花期は5〜10月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Persicaria sagittata var. sibirica
タデ科イヌタデ属
似た花のナガバノウナギツカミ:花柄に腺毛、葉柄は10〜25mm、葉の基部が小さく開出、茎を抱かない。
ウナギツカミ:葉の基部は矢じり形で,茎を抱くように張り出す。花柄は無毛。
よく似た仲間


2015年8月23日 大野
ホソバノウナギツカミ花 ホソバノウナギツカミ花 ホソバノウナギツカミ花
花は直径約3mm。花軸に腺毛がある。
ホソバノウナギツカミ花 ホソバノウナギツカミ花 ホソバノウナギツカミ腺毛
花は枝先にまばらにつく。葉の基部は茎を抱くように耳状に張り出す。
ホソバノウナギツカミ ホソバノウナギツカミ葉 ホソバノウナギツカミ葉
葉柄は短い。茎に逆刺がある。葉は長さ約6cm。葉の基部はほこ形。葉の裏面、下部の脈上に刺がある。
ホソバノウナギツカミ葉 ホソバノウナギツカミ葉 ホソバノウナギツカミ葉裏面
葉の裏面に刺がある。托葉鞘の先端は斜め切形。基部の節を刺が取り巻く。
ホソバノウナギツカミ葉裏面 ホソバノウナギツカミ托葉鞘 ホソバノウナギツカミ
ホソバノウナギツカミ ホソバノウナギツカミ



2012年9月27日 西川津花軸に腺毛がある。蕾。
ホソバノウナギツカミ花 ホソバノウナギツカミ花 ホソバノウナギツカミ蕾
花はまばらにつく。花は長さ約4mm。直径は約3mm。
ホソバノウナギツカミ ホソバノウナギツカミ花 ホソバノウナギツカミ花
花軸の腺毛。葉の基部は耳状に張り出す。葉は長さ約4cm。
ホソバノウナギツカミ腺毛 ホソバノウナギツカミ葉 ホソバノウナギツカミ葉
葉柄は短く、長さ約4mm。
ホソバノウナギツカミ ホソバノウナギツカミ葉裏面 ホソバノウナギツカミ葉裏面
葉の裏面主脈上に刺がある。托葉鞘の基部を剛毛が取り巻く。茎には下向きの刺がある。
ホソバノウナギツカミ ホソバノウナギツカミ茎 ホソバノウナギツカミ
ホソバノウナギツカミ ホソバノウナギツカミ ホソバノウナギツカミ
2010年9月29日 西川津
花軸の腺毛
ホソバノウナギツカミ花 ホソバノウナギツカミ花 ホソバノウナギツカミ腺毛
花はまばらにつく。
葉の基部は茎を抱くように突き出す。
ホソバノウナギツカミ ホソバノウナギツカミ葉 ホソバノウナギツカミ葉
葉柄は短い。茎には下向きの刺がある。
ホソバノウナギツカミ葉柄 ホソバノウナギツカミ茎 ホソバノウナギツカミ
ホソバノウナギツカミ
2009年10月3日 花はまばらにつく。 西川津花軸には腺毛が生える。
ホソバノウナギツカミ花 ホソバノウナギツカミ花 ホソバノウナギツカミ腺毛
葉は細長い。葉柄は短く、葉の基部は茎を抱くように突き出す。茎には下向きの毛がある。
ホソバノウナギツカミ葉 ホソバノウナギツカミ葉 ホソバノウナギツカミ茎
托葉鞘は円筒形で、基部に剛毛がある。
ホソバノウナギツカミ托葉鞘 ホソバノウナギツカミ ホソバノウナギツカミ
2015年10月20日 果実 大野
ホソバノウナギツカミ果実 ホソバノウナギツカミ果実 ホソバノウナギツカミ果序
果実を包む花被は長さ3〜4mm。
ホソバノウナギツカミ果実 ホソバノウナギツカミ果実 ホソバノウナギツカミ果実
果実は球形で、長さ約2.5mm。先端に嘴状の突起がある。果実は3稜がある。
ホソバノウナギツカミ果実 ホソバノウナギツカミ果実 ホソバノウナギツカミ果実
4稜のものもあった。表面に細かい網目状の模様がある。
ホソバノウナギツカミ果実 ホソバノウナギツカミ果実 ホソバノウナギツカミ果実
ホソバノウナギツカミ ホソバノウナギツカミ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑