ウナギツカミ(鰻掴)

つる性1年草
北海道〜九州の畦畔、水辺、空き地など湿った土地に生育する。種内の変異が大きく、早生の畑地型が狭義のウナギツカミ、晩生の湿地型がアキノウナギツカミと呼ばれてきた。茎はつる状に伸び、下部は地を這い、上部は斜上する。茎は四角形で稜に逆刺がある。葉は互生、葉柄は長く、葉柄の基部には膜質の托葉鞘がある。葉の基部は心形〜やじり形。茎上部の葉は短柄で、基部が矢じり形で茎を抱く。枝先に淡紅色の花を球状につける。花序は直径約1cm。花被片は5枚。上部が紅色〜紅紫色を帯び、長さ約2.5mm。そう果は花被に包まれ、濃茶褐色に紫色を帯び、3稜形で光沢がある。長さ約3mm。花期は5〜10月。(植調雑草大鑑)
学名は、Persicaria sagittata var. sibirica
タデ科イヌタデ属
YListでは、アキノウナギツカミはウナギツカミの別名になっている。
似た花のナガバノウナギツカミ:花柄に腺毛、葉の基部が小さく開出、茎を抱かない。
ホソバノウナギツカミ:葉の基部はほこ形で,側片は耳状に下方にわん曲する。花がまばらにつく。
よく似た仲間


2009年9月13日 宍道花柄は無毛。
ウナギツカミ花 ウナギツカミ花柄 ウナギツカミ花序
葉は茎を抱く。葉柄は短い。茎に下向きの刺がある。
ウナギツカミ葉 ウナギツカミ葉 ウナギツカミ茎
ウナギツカミ



2006年9月24日 宍道
ウナギツカミ花 ウナギツカミ花序 ウナギツカミ葉
茎には下向きの刺がある。
ウナギツカミ茎
2003年10月13日 佐草
ウナギツカミ花 ウナギツカミ
2005年9月18日 東忌部
ウナギツカミ花 ウナギツカミ葉 ウナギツカミ
2004年9月28日 佐草
ウナギツカミ花 ウナギツカミ葉 ウナギツカミ茎
ウナギツカミ
2012年11月7日 果実 東忌部
ウナギツカミ果実 ウナギツカミ果実 ウナギツカミ果序
頭花は直径約1cm。果実は長さ約5mmの花被に包まれる。果実は長さ約3mm、3稜形。
ウナギツカミ果実 ウナギツカミ果実 ウナギツカミ果実
茎には4稜があり、下向きの刺がある。
ウナギツカミ葉 ウナギツカミ托葉鞘 ウナギツカミ茎
ウナギツカミ茎 ウナギツカミ果序 ウナギツカミ
ウナギツカミ
2013年10月21日 果実 西忌部花序は直径約1cm。
ウナギツカミ果実 ウナギツカミ果序 ウナギツカミ果実
果実は花被に包まれている。花被に包まれた果実は長さ約3mm。花被の中に果実が1個ある。
ウナギツカミ果実 ウナギツカミ果実 ウナギツカミ果実
果実は長さ約2.5mm。果実は3稜形。
ウナギツカミ果実 ウナギツカミ果実 ウナギツカミ果実
ウナギツカミ花 ウナギツカミ花 ウナギツカミ花
花は直径約3mm。花柄は無毛。
ウナギツカミ花 ウナギツカミ花柄 ウナギツカミ葉
葉裏の主脈や葉柄、茎に逆刺がある。
ウナギツカミ葉柄 ウナギツカミ
2005年8月28日 八雲
ウナギツカミ葉 ウナギツカミ葉裏面 ウナギツカミ托葉鞘
ウナギツカミ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑