ヒノキ(檜)

常緑高木
福島県以南〜九州の山地に生える。高さ230m、直径60cmほどになる。樹皮は赤褐色。縦に裂けてはがれる。葉は十字対生。長さ1〜3mmの鱗片状で、先端はとがらない。表面は濃緑色で光沢がある。裏面は淡緑色で、葉と葉が接するところに白色の気孔帯があり、Y字形に見える。雌雄同株。雌雄とも枝先につく。雄花は長さ2〜3mmの楕円形で、赤みを帯びる。雌花は長さ3〜5mmの球形。球果は直径約1cmの球形。開花した年の10〜11月に熟し、赤褐色になる。熟すと果鱗が開いて種子をだす。果鱗の先は厚く楯状に発達し、ふつう8〜10個ある。果鱗には種子が2〜4個ずつつく。種子は長さ約3mmの卵状楕円形で、両側に広い翼がある。花期は4月。(樹に咲く花)
学名は、Chamaecyparis obtusa
ヒノキ科ヒノキ属
よく似たサワラの鱗片状の葉は尖り、裏面の気孔帯は、X字形に見える。アスナロは漢字の「小」またはカタカナの「ハ」が二つ重なったように見える。


2011年4月3日 雌花(蕾) 上佐陀
ヒノキ雌花 ヒノキ雌花 ヒノキ雌花
雌花のついた枝先は下を向いている。
ヒノキ雌花 ヒノキ ヒノキ
ヒノキ ヒノキ ヒノキ



2011年3月30日 雄花(蕾) 新庄
ヒノキ雄花 ヒノキ雄花 ヒノキ雄花
ヒノキ
2011年3月19日 雄花(蕾) 風土記の丘気孔帯はY字形。
ヒノキ雄花 ヒノキ雄花 ヒノキ気孔帯
ヒノキ
2005年11月26日 葉の裏面の気孔帯 八雲葉の表面
ヒノキ気孔帯 ヒノキ葉 ヒノキ樹皮
ヒノキ
2014年1月7日 熟した果実 東忌部果実は直径約1cm。
ヒノキ果実 ヒノキ果実 ヒノキ果実
種子の周囲に広い翼があり、翼を含めて長さ約4mm。
ヒノキ種子 ヒノキ種子 ヒノキ種子
裏面の気孔帯はY字形。
ヒノキ気孔帯 ヒノキ ヒノキ
ヒノキ
2011年11月26日 若い果実 玉湯
ヒノキ果実 ヒノキ果実 ヒノキ
2005年11月12日 若い果実 東忌部
ヒノキ果実 ヒノキ果実 ヒノキ
ヒノキ葉 ヒノキ ヒノキ樹皮


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑