サワラ(椹)

常緑高木
岩手県中部以南〜九州の山地から亜高山帯の沢沿いに生える。大きいものは高さ30m、直径60cmに達する。樹冠は円錐形で、先端はとがる。ヒノキに比べて枝がまばらで、樹冠が透けているのが特徴。樹皮は、少し灰色を帯びた赤褐色。薄く縦に裂けて、はがれ落ちる。スギの樹皮によく似ていて、人工林だと区別は困難。枝は細く水平に出て、先端は少し上を向く。あまり密生しない。葉は十字対生。長さ3mmほどの鱗片状で、先端は針状にとがることが多い。ヒノキに比べてやや薄く、光沢もあまりない。裏面の白い気孔帯は「X」形になる。雌雄同株。花は雌雄とも枝先につく。球果は直径約7mmの球形。開花した年の10〜11月頃に熟す。ヒノキの球果より小さく、やややわらかい。果鱗は10〜12個。種子は長さ2〜2.5mmの長楕円形で、両側に広い翼がある。花期は4月。(樹に咲く花)
学名は、Chamaecyparis pisifera
ヒノキ科ヒノキ属
よく似たヒノキの鱗片状の葉は尖らず、裏面の気孔帯は、Y字形に見える。


2012年3月14日 玉湯
サワラ サワラ サワラ
葉の先端はとがる。葉裏の気孔帯は蝶形にみえる。
サワラ サワラ サワラ
サワラ サワラ



2008年3月29日 八雲葉の先端はとがり、気孔帯はX字形、蝶形にみえる。
サワラ サワラ サワラ
サワラ サワラ サワラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑