トリガタハンショウヅル(鳥形半鐘蔓)

つる性低木
本州、四国、九州に分布する。温帯林の縁に生える木本性のつる植物。茎は淡紫褐色、無毛。葉は夏緑性、1回3出複葉、小葉は卵形〜卵状披針形、長さ2〜9cm、幅0.8〜5cm、あらい鋸歯があり、葉柄は長さ1.5〜10cm。花は葉腋に単生し、径1.5〜3cm、鐘形、両性、下向きに咲き、花柄は長さ2〜11cm、開出毛があり、線形の小苞があるが鱗片におおわれて外からは見えない。萼片は4個、楕円形、長さ2〜3cm、幅0.4〜1.2cm、先端は鋭形または円形で反曲し、黄白色、背面は有毛または無毛、縁に伏毛がある。雄蕊は長さ10〜15mm、花糸は有毛、下半部は広がり、葯隔は突出しない。そう果は狭卵形、長さ6mm、無毛または有毛、残存花柱は長さ2〜4cm。花期は4〜6月。(日本の野生植物)
学名は、Clematis tosaensis
キンポウゲ科センニンソウ属
 同じ仲間のハンショウヅルは花期が少し遅く、花が暗紅紫色で、葉腋から長い花柄をだす。また同時期のシロバナハンショウヅルは花冠が椀形で、花色がより白い。



2016年4月2日 玉湯花弁状の萼片や花柄に毛が多い。

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル花

萼片は長さ約3cm。

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル花

葉は3出複葉。小葉は長さ約6cm。

トリガタハンショウヅル葉

トリガタハンショウヅル葉

トリガタハンショウヅル葉

小葉の裏面に毛が多い。花柄は葉柄より短い。

トリガタハンショウヅル葉

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル


2019年4月8日 玉湯萼には伏毛がある。

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル花

新枝

トリガタハンショウヅル蕾

トリガタハンショウヅル蕾

トリガタハンショウヅル新枝

新枝の枝先葉は1回3出複葉

トリガタハンショウヅル新枝

トリガタハンショウヅル葉

トリガタハンショウヅル

トリガタハンショウヅル

トリガタハンショウヅル

2019年4月28日 玉湯

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル花

萼片を落とした花。雄しべに囲まれた果実。

トリガタハンショウヅル花

トリガタハンショウヅル幼果

トリガタハンショウヅル幼果

雄しべが落ちた若い果実。

トリガタハンショウヅル幼果

トリガタハンショウヅル幼果

トリガタハンショウヅル幼果

少し開いた残存花柱。

トリガタハンショウヅル幼果

トリガタハンショウヅル幼果

トリガタハンショウヅル幼果

トリガタハンショウヅル

トリガタハンショウヅル

トリガタハンショウヅル

2019年4月20日 蕾 東出雲

トリガタハンショウヅル蕾

トリガタハンショウヅル蕾

トリガタハンショウヅル

2014年4月19日 蕾 東出雲

トリガタハンショウヅル蕾

トリガタハンショウヅル蕾

トリガタハンショウヅル葉

トリガタハンショウヅル




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑