オオスズメノカタビラ(大雀の帷子)

多年草
ヨーロッパから西アジアにかけての原産。全国に帰化しており、北海道などでは畑地の雑草になっている。細い根茎を引いてまばらに群生する。稈は細く、基部で伏してその上部で直立して高さ1mになる。葉は線形で無毛、葉舌は高さ6mmほどある。4個ほどの小花からなる長さ4mmほどの小穂を、細かく分岐した穂に多数つける。穂の枝の基部には小穂がつかない。花期は夏。(日本帰化植物写真図鑑)

 耕地の周辺やたのあぜ、農道なぢに生育し、粗生または群生する。茎は一方に傾き、平滑で光沢があり、基部は伏臥し、細長い根茎に連なる。葉は無毛、葉舌は鋭形、白い半透明の膜質、長さ3〜4mm。葉鞘は平滑・無毛。花序は長さ20〜30cm、各節から2〜5個の枝を半輪生状に出し、一方に傾く。枝は細く糸状、長さ3〜10cm、上向きの短剛毛を生じ、小穂をまばらに着ける。小穂は長さ2.8から3mm、2〜3小花よりなる。第1苞穎は長さ2〜2.5mm、1〜3脈。第2苞穎は2.5〜3mm、3脈。護穎は5脈、先端は銅色に輝き、基部の竜骨と側脈に白色の毛をまばらに生じる。基部の縮れ毛は長い。花期は7〜8月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Poa trivialis
イネ科イチゴツナギ属
よく似たものにイチゴツナギがあるが、花序の枝は斜上し開出しない。



2009年5月16日 玉湯

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

4個の枝を半輪生している。3小花の小穂、長さ約3mm。2小花の小穂。

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

護穎の先端が内側と向く。第1苞穎は長さ約2mm、第2苞穎は約2.5mm。護穎の基部には長い縮れ毛がある。

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

長い縮れ毛。小花の護穎は長さ約2.5mm、内穎は2mm。護穎の竜骨には毛がある。

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

花序の枝には上向きの剛毛がある。

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ




2009年5月12日 末次

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

護穎の基部には縮れた長毛がある。

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ


葉舌は長く鋭形。

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ

オオスズメノカタビラ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑