ホウキヌカキビに似たキビ属

多年草
ホウキヌカキビに似るが、茎や葉の両面はほとんど無毛。葉鞘は基部が丸い開出毛がが多い。茎の節の下部は環状の腺のようになる。葉は10cm程度の笹のような葉をつける。小穂は長いもので4mmくらいで、まばらに短毛がある。第1苞穎は長さ約1.5mm。花序はあまり外に開出していない。花期は7〜10月
近畿植物同好会の植村修二さんから、Panicum laxiflorum Lam.やPanicum commutatum Schult.などに似ているが、まだ同定できていない。と情報をいただきました。ササノハヌカキビ(仮称)
学名は、Panicum sp.
イネ科キビ属



以下のものは同じ場所の同じ群落(株?)のものです。
2012年10月6日 西生馬

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属




2011年11月16日 西生馬

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

2011年10月12日 西生馬

キビ属

キビ属

キビ属

2011年9月24日 西生馬

キビ属

キビ属

キビ属

小穂は長さ3.5〜4mmで、短毛がある。

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

葉は両面とも無毛。葉鞘に基部の膨らんだ毛がある。

キビ属

キビ属

キビ属

節の下の稈に環状の腺のようなものがある。

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

2011年9月7日 西生馬

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属

キビ属



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑