ムラサキカタバミ(紫片喰)

多年草
南アメリカ原産。江戸末期に観賞用として移入され、本州〜琉球で野生化した。庭、畑に生え、観賞用に植えられたものが逸出した帰化植物。地下に有毛の鱗片に包まれた褐色の鱗茎があり、そのまわりに多数の小さな鱗茎が群がってつく。葉はすべて根生し、葉柄は5〜15cm、3小葉からなる掌状複葉。小葉は倒心形で、幅2〜4.5cm、毛はなく、裏面の特に葉縁近くに橙色の細点がある。花茎は葉より高くぬき出て、高さ30cm内外となり、先端に散形花序に数花をつける。花は淡紫紅色で、径約1.5cm。萼片は長楕円形で、先に2個の腺点がある。葯は白色。さく果は円柱形で、長さ1.7〜2cm、全面に微毛がある。日本やヨーロッパではもっぱら鱗茎による栄養繁殖をおこない、結実しない。花期は6〜7月。(日本の野生植物)
学名は、Oxalis corymbosa
カタバミ科カタバミ属



2019年5月29日 東長江花柱5個、雄しべ10個、葯は白色。

ムラサキカタバミ花

ムラサキカタバミ花

ムラサキカタバミ花

花は直径約1.8cm。萼の先端に2個の腺点がある。

ムラサキカタバミ花

ムラサキカタバミ花

ムラサキカタバミ萼

ムラサキカタバミ萼

ムラサキカタバミ萼

ムラサキカタバミ萼

小葉は倒心形、幅約2.5cm。短毛がある。

ムラサキカタバミ葉

ムラサキカタバミ葉

ムラサキカタバミ葉

裏面は伏毛が密生する。縁に細点が並ぶ。

ムラサキカタバミ葉裏面

ムラサキカタバミ葉裏面

ムラサキカタバミ葉裏面

細点の拡大。

ムラサキカタバミ葉裏面

ムラサキカタバミ葉裏面

ムラサキカタバミ




2012年5月16日 大井

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

葉裏面の縁に細点が並ぶ。

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

2012年5月21日 伊勢宮

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

2011年7月18日 秋鹿葯は白色で、花粉はできない。

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

花茎の先端に数輪の花が散形状につく。

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

雄しべが花弁化し、八重咲きのようになるものがある。

ムラサキカタバミ花弁化

ムラサキカタバミ花弁化

ムラサキカタバミ花弁化

葉柄や花柄には毛が多い。

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

小葉の基部に腺がある。

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

2012年6月14日 鱗茎 美保関多数の鱗片がつく。

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

2003年6月21日 乃白田和山

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

2004年11月28日 乃白

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

2004年6月1日 城山公園

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑