ベニカタバミ(紅片喰)

多年草
南アメリカ原産。地下に根茎を出してその先に鱗茎を着け、小株を生じる。小さな蕪形の塊茎から葉を出す。葉は頂部の凹んだ心臓形の小葉3枚からなる複葉。小葉の表面は濃緑色でやや光沢がある。春に葉より長い花茎を出し、直径1cmほどの紅紫色の5弁花を数個着ける。雄しべは10本で葯は黄色。花期は4〜6月。(日本帰化植物写真図鑑)
「真夏は葉が枯れて軽い休眠に入りますが、耐寒性は強く常緑で越冬します。」(米村浩次の花の世界)
学名は、Oxalis brasiliensis
カタバミ科カタバミ属
 良く似た「イモカタバミ」は、葉が直径3〜4cmと大きく、小葉ははっきりした倒心形。花を6個以上着ける。



2018年5月15日 野生化 東出雲花が2個ついている。

ベニカタバミ花

ベニカタバミ花

ベニカタバミ花

花が3個ついている。雌しべの花柱は5個ある。

ベニカタバミ花

ベニカタバミ花

ベニカタバミ雌しべ

雄しべは長短の10個あり、葯は黄色。花茎は長さ約9cm。花は直径約2.5cm。

ベニカタバミ雄しべ

ベニカタバミ花茎

ベニカタバミ花

小葉の切れ込みは小さい。葉は直径約2cm。

ベニカタバミ花

ベニカタバミ葉

ベニカタバミ葉

小葉は長さ約1.1cm、縁に毛がある。葉の裏面。

ベニカタバミ葉

ベニカタバミ葉裏面

ベニカタバミ葉裏面

葉の裏面には伏毛が密生する。花茎は長さ約11cm。萼や花柄は赤紫色を帯びる。

ベニカタバミ葉裏面

ベニカタバミ

ベニカタバミ

葉柄は3〜5cmと短い。蕪(カブ)のような塊茎がある。

ベニカタバミ葉

ベニカタバミ塊茎

ベニカタバミ塊茎

根茎が伸びてその先に鱗茎がつく。鱗茎の拡大。葉は地面に接するように広がっている。

ベニカタバミ鱗茎

ベニカタバミ鱗茎

ベニカタバミ

ベニカタバミ

ベニカタバミ




2018年5月17日 萼や花柄も赤紫色になる。萼の先端に黄色い斑点がある。萼は長さ約6mm。

ベニカタバミ花

ベニカタバミ萼

ベニカタバミ萼

2個の黄色い斑点。花柱と長短の2段になる雄しべ。

ベニカタバミ萼

ベニカタバミ萼

ベニカタバミ

萼を一部取り除いてある。花柱や花糸に毛がある。

ベニカタバミ花

ベニカタバミ花

ベニカタバミ花

2018年月7日 果実 東出雲殆どは結実しない。

ベニカタバミ果実

ベニカタバミ

ベニカタバミ

ベニカタバミ

ベニカタバミ

2018年10月19日 多くの葉が出てきた。

ベニカタバミ葉

ベニカタバミ葉

ベニカタバミ葉

2018年10月1日 夏に枯れていたが芽が出てきた。

ベニカタバミ葉

ベニカタバミ葉

ベニカタバミ葉



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑