コミカンソウ(小蜜柑草)

1年草
本州〜琉球の路傍、花壇、畑などにふつうに見られる。雌雄同株。分枝様式はコミカンソウ型(主茎につく葉は鱗片葉で、その腋から分枝する。)で、主茎は直立し、長さ8.5〜63cmで無毛または小剛毛があり、小枝は長さ2〜9.5cmで小剛毛がある。普通葉は互生し、小枝あたり10〜39枚ある。托葉は披針形で、長さ1.5〜2mm、幅約0.2mmで、先端は鋭尖形となる。葉柄は長さ0.1〜0.2mmである。葉身は楕円形で、長さ0.7〜1.8cm、幅0.3〜0.7cmで、全縁、無毛で、先端は鈍形、基部も鈍形である。花序は小集散花序で、普通葉に腋生する。雄花雌花とも花弁はない。雄花は花序あたり0〜3個で、花柄は長さ約0.3mmである。萼片は6枚、楕円状倒卵形で、長さ約0.3mm、不明瞭に鋸歯があるか全縁、無毛で先端は鈍形である。花盤は腺条で、6つあり、萼片と互生する。雄しべは3個で、花糸は合着して柱状になり、葯は縦に裂開する。雌花は花序あたり0〜1個で、ほぼ無柄である。萼片は6枚で、狭楕円形、長さ0.3〜0.6mm、幅0.2〜0.3mm、全縁、無毛で、先端は鈍形または円形となる。子房は3室で、無毛、いぼ状突起におおわれる。花盤は環状で、子房の周囲にある。花柱は3本で、長さ約0.2mm、先端が2裂する。さく果は扁球形で、径約2mm、長さ1.4〜1.5mmで、いぼ状突起があり、ほぼ無柄である。裂開後に長さ約0.8mmの柱状体が宿存する。種子は縁が鋭形の3稜形で、長さ約1.2〜1,3mm、幅0.9〜1mmで、褐色、背面に10〜16本の横稜があり、側面の稜は不明瞭。花期は8〜10月。(日本の野生植物)
学名は、Phyllanthus lepidocarpus
コミカンソウ科コミカンソウ属
似た仲間にヒメミカンソウがある。



2013年10月7日 花と果実 鹿島枝の先端に雄花、下部に雌花がつく。果実には短い柄がある。

コミカンソウ

コミカンソウ雄花雌花

コミカンソウ果実

雌花、萼片は6個。柱頭と子房。柱頭は3裂し、更に2裂する。雌花は直径約1.5mm。

コミカンソウ雌花

コミカンソウ雌花

コミカンソウ雌花

雄花、萼片が6個ある。雄しべ3個と基部に腺体が6個ある。雄花は直径約1.5mm。

コミカンソウ雄花

コミカンソウ雄花

コミカンソウ雄花

雄花(左)、果実(中)、雌花(右)。果実には短い果柄がある。果実は直径約3mm。

コミカンソウ果実

コミカンソウ果実

コミカンソウ果実

果実には隆起したしわがある。果実の裏面、萼片が残る。果実は3室あり、種子が2個ずつ入る。

コミカンソウ果実

コミカンソウ果実

コミカンソウ果実

種子は長さ約1mm。種子には横しわがある。

コミカンソウ種子

コミカンソウ種子

コミカンソウ枝

枝は長さ約5cm、葉が互生に多数つく。葉は長さ約8mm。葉の縁に小さな毛がある。

コミカンソウ枝

コミカンソウ葉

コミカンソウ葉

葉の裏面は白い。

コミカンソウ枝裏面

コミカンソウ葉裏面

コミカンソウ葉裏面

茎は無毛。

コミカンソウ茎

コミカンソウ

コミカンソウ

コミカンソウ




2017年9月19日 宍道若い果実。雌花と雄花。

コミカンソウ果実

コミカンソウ果実

コミカンソウ雌花と雄花

雌花が枝の下半部に、雄花が上半部につく。

コミカンソウ雌花と雄花

コミカンソウ

コミカンソウ

コミカンソウ

コミカンソウ

2005年8月13日 上乃木果実と上部が雄花

コミカンソウ

コミカンソウ

コミカンソウ

2007年11月17日 果実 上乃木左が雌花で右端が雄花、直径約1mm。

コミカンソウ

コミカンソウ

2004年8月14日 上乃木

コミカンソウ

コミカンソウ

コミカンソウ

コミカンソウ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑