イヌガラシ(犬芥子)

1〜越年草
北海道〜琉球の低地のへりや道ばたなどに多い。茎は直立して分枝し、高さ10〜60cmになる。葉は柄がないかまたはあり、長楕円状披針形〜卵形、先は鈍形、基部は細くなり、上部のものではやや耳状となって半ば茎を抱き、縁に粗い鋸歯があるか頭大羽状に分裂し、長さ3〜15cm、幅1〜5cm、毛はない。萼片は長楕円形、2.5〜3.5mm。花弁は黄色、長倒卵形で長さ3〜4mm、ときに退化する(アオイヌガラシ)。長角果は開出する長さ3〜12mmの柄があって線形、斜上または開出して先は少し上向きに曲がり、長さ1〜2.4cm。種子はやや2列に並び、卵形か楕円形、褐色で、長さ0.5〜0.7mm。花期は4〜9月。(日本の野生植物)
学名は、Rorippa indica
アブラナ科イヌガラシ属
よく似たスカシタゴボウは、果実が5〜8mmと短く、葉が深く切れこむ。



2014年4月23日 寺
花は直径約8mm。

イヌガラシ花

イヌガラシ花

イヌガラシ花

イヌガラシ花

イヌガラシ花

イヌガラシ葉

イヌガラシ茎

イヌガラシ

イヌガラシ




2004年12月12日 佐草

イヌガラシ

イヌガラシ

イヌガラシ

根生葉、浅く羽状に裂けるものもある。

イヌガラシ

2010年11月20日 東忌部
若い果実。長角果は弓状に曲がる。

イヌガラシ花

イヌガラシ花

イヌガラシ果実

イヌガラシ果実

イヌガラシ果序

イヌガラシ果序



葉柄の基部はわずかに茎を抱く。

イヌガラシ葉

イヌガラシ葉

イヌガラシ茎

イヌガラシ

2009年5月23日 八雲矢谷果実は長くなる長角果。

イヌガラシ花

イヌガラシ花

イヌガラシ葉



葉柄はわずかに茎を抱く。

イヌガラシ葉

イヌガラシ葉裏面

イヌガラシ葉柄

イヌガラシ

イヌガラシ

2008年4月27日 平成果実は長角果。

イヌガラシ花

イヌガラシ花

イヌガラシ葉

葉柄基部はわずかに茎を抱く。

イヌガラシ葉柄

イヌガラシ

2013年6月12日 果実 乃白熟した果実は果皮がめくれて種子が出る。

イヌガラシ果実

イヌガラシ果実

イヌガラシ果実

種子は両側に2列に並ぶ。果実は長さ約1.5cm。

イヌガラシ種子

イヌガラシ果実

イヌガラシ種子

種子は不定な楕円形。種子は長さ約0.85mm。

イヌガラシ種子

イヌガラシ種子

イヌガラシ種子

種子の表面には網目模様がある。

イヌガラシ種子

イヌガラシ種子

イヌガラシ果序

葉には鋸歯がある。茎は無毛。

イヌガラシ葉

イヌガラシ葉柄

イヌガラシ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑
他の画像を見る。