ホシアサガオ(星朝顔)

1年草
熱帯アメリカ原産。北アメリカ、オーストラリア、東南アジアなどに広く帰化している。全体無毛。茎はつるとなってよく分岐し、他物に巻き付いて長さ数mになる。葉は卵円形から心臓形で全縁または3裂し、葉柄があって互生する。葉腋に葉柄より長い花柄を出し、直径1.5cmほどの淡紅色で星型、ロート形の花を数個固めて着ける。小花柄にはイボ状の突起がごくまばらにある。第二次世界大戦後に帰化した。関東地方以南の道端などに発生する。種子は長さ4mm。花期は夏〜秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Ipomoea triloba
ヒルガオ科サツマイモ属
 似た花にマメアサガオがある。



2016年10月22日 花冠は星形。   宍道花柄の先に7個の花がついている。花の中心部が濃色になる。葯は白色。

ホシアサガオ花

ホシアサガオ花

ホシアサガオ花

花柄は長いものは13cm以上ある。花冠は直径約1.8cm。

ホシアサガオ

ホシアサガオ花柄

ホシアサガオ花

雌しべ1、雄しべ5、花糸の基部に毛がある。小花柄に低いイボ状突起がある。

ホシアサガオ花

ホシアサガオ小花柄

ホシアサガオ果実

果実はほぼ球形。果実は直径約9mm、上部に毛がある。

ホシアサガオ果実

ホシアサガオ果実

ホシアサガオ果実

葉は全縁のものや3裂するものがある。葉身は長さ約7cm。

ホシアサガオ葉

ホシアサガオ葉

ホシアサガオ

ホシアサガオ

ホシアサガオ

ホシアサガオ

マメアサガオとの比較。

ホシアサガオ

ホシアサガオ花




2016年12月19日 果実 宍道果実には長い柄がある。

ホシアサガオ果実

ホシアサガオ果実

ホシアサガオ果実

果柄は長さ11〜18cm。小果柄は長さ約1cm。果実は直径約8mm。

ホシアサガオ果実

ホシアサガオ果実

ホシアサガオ果実

種子は4個入る。種子は長さ約4mm、表面は平滑で光沢がある。

ホシアサガオ種子

ホシアサガオ種子

ホシアサガオ

ホシアサガオ

2016年11月17日 完熟前の果実 宍道長い果柄がある。

ホシアサガオ果実

ホシアサガオ果実

ホシアサガオ果実

果柄は長さ約11cm、小花柄は長さ約1cm。萼は平開しない。果実には毛がある。

ホシアサガオ果実

ホシアサガオ果実

ホシアサガオ果実

果実は直径約7mmのほぼ球形。種子は4個入る。種子は長さ4〜5mm。

ホシアサガオ果実

ホシアサガオ種子

ホシアサガオ種子

表面は平滑で光沢がある。

ホシアサガオ種子

ホシアサガオ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑