ヒメシロネ(姫白根)

多年草
北海道〜九州の山間の湿地にふつうに見られる。茎は地下茎から直立し、四角で、高さ30〜70cmになり、分枝しないか中部から短い枝を出し、全体に毛を散生するか、ときに節以外はほとんど無毛。葉は厚く光沢があり、下部のものは卵形でやや小さく、羽状に中裂ときにやや深裂し、中部以上のものは披針形〜広披針形で長さ4〜8cm、幅5〜15mm、鋭尖頭、基部は円形でごく短い葉柄があり、縁に鋭い鋸歯があり、上部のものはしだいにやや小さくなる。小苞は長さ2〜5mmで萼と同長かより長い。萼は花時に長さ2〜2.5mmでシロネと同様。花冠は白色で長さ約4mm、径約5mm。分果は長さ約1.5mm。花期は8〜10月。(日本の野生植物)
学名は、Lycopus maackianus
シソ科シロネ属
似たものにシロネヒメサルダヒココシロネがある。



2014年9月8日 東忌部萼裂片は刺状にとがる。

ヒメシロネ花

ヒメシロネ花

ヒメシロネ萼

花は長さ約4mm。花は直径約3mm。

ヒメシロネ花

ヒメシロネ花

ヒメシロネ葉

葉は長さ約4cm、短い葉柄がある。葉は十字対生につく。

ヒメシロネ葉

ヒメシロネ葉裏面

ヒメシロネ

ヒメシロネ

ヒメシロネ

ヒメシロネ




2012年9月20日 東出雲

ヒメシロネ花

ヒメシロネ花

ヒメシロネ花

花は長さ約4mm。花は直径約2.5mm。

ヒメシロネ花

ヒメシロネ花

ヒメシロネ花序

葉にほとんど葉柄はない。葉柄はあっても長さ約1.5mm。葉は長さ3.5〜5.5cm。

ヒメシロネ葉

ヒメシロネ葉

ヒメシロネ葉

表面は無毛。鋭い鋸歯があり、縁に細かい毛が並ぶ。

ヒメシロネ葉

ヒメシロネ葉

ヒメシロネ葉裏面

裏面には腺点が多い。茎は無毛、節に毛がある。

ヒメシロネ葉裏面

ヒメシロネ茎

ヒメシロネ

2005年9月18日 東忌部

ヒメシロネ花

ヒメシロネ花

ヒメシロネ葉

ヒメシロネ

2014年10月28日 果実 東忌部

ヒメシロネ果実

ヒメシロネ果実

ヒメシロネ果実

萼は長さ約3mm、果実が見えている。果実は4分果。

ヒメシロネ果実

ヒメシロネ果実

ヒメシロネ果実

分果は長さ約1.5mm、背面(上)と腹面。分果の背面。分果の腹面。

ヒメシロネ果実

ヒメシロネ果実

ヒメシロネ果実

ヒメシロネ

ヒメシロネ

2014年10月23日 果実 東出雲

ヒメシロネ果実

ヒメシロネ果実

ヒメシロネ果実

ヒメシロネ葉

ヒメシロネ

ヒメシロネ

2013年5月13日 若葉 東出雲

55069

ヒメシロネ茎

ヒメシロネ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
<Homeへ>