シロネ(白根)

多年草
北海道〜九州の湿地に生える。茎は太い匍匐する白い地下茎から直立して分枝せず、高さ80〜120cm、四角。葉は広披針形〜挟長楕円形で、長さ8〜14cm、幅1.5〜4cm、鋭尖頭、基部は短い葉柄に流れ、縁に鋸歯があり、かたくて光沢があり、上面は無毛。小苞は長さ約2mmで萼より少し短い。萼は花時長さ2〜2.5mm、果時には4〜5mm、裂片は鋭く刺状にとがる。花冠は白色で長さ4〜5mm。分果は広いくさび形、長さ1.5〜2mm、先端は平らかでやや円みをおびる。花期は8〜10月。
 シロネの基準型は茎が節に毛があるほかは無毛で、葉の下面も無毛だが、ケシロネ(f. hirtus)は茎の節間や葉の下面に長毛があり、また葉の幅がやや狭い傾向がある。(日本の野生植物)
学名は、Lycopus lucidus
シソ科シロネ属



2013年8月21日 大井花冠の内部に毛がある。2裂した柱頭が花冠から長く出る長花柱花。

シロネ花

シロネ花

シロネ花

花冠は萼を含めて長さ約5mm。花冠は直径約3mm。

シロネ花

シロネ花

シロネ萼

花序柄は短く多数の花がつく。萼は長さ約2.5mm、裂片の先は鋭く尖る。萼の中に未熟な4分果がある。

シロネ萼

シロネ萼

シロネ萼

葉は長さ約8cm。短毛がある。

シロネ葉

シロネ葉

シロネ葉

脈上に毛がある。

シロネ葉裏面

シロネ葉裏面

シロネ葉裏面

茎に上向きの曲がった毛がまばらにある。節に毛がある。葉腋ごとに花がつく。

シロネ茎

シロネ茎

シロネ

シロネ




2009年9月21日 宍道

シロネ花

シロネ

シロネ

地下の白い根茎が名前の由来とされる。

シロネ根茎

シロネ

2009年9月13日 玉湯萼裂片が刺状に鋭く尖る。

シロネ花

シロネ花

シロネ花

シロネ

シロネ

2008年8月24日 玉湯茎は太く1cm位ある。節には毛がある。

シロネ花

シロネ花

シロネ茎

葉裏には腺点がめだち、脈に毛がある。

シロネ葉

シロネ葉裏面

シロネ葉

シロネ

シロネ

2013年11月16日 大井果実の落ちたあとの萼。

シロネ萼

シロネ萼

シロネ萼

萼は長さ約3mm。

シロネ萼

シロネ

シロネ

2010年7月31日 西忌部

シロネ

シロネ

シロネ

シロネ

2012年6月25日 玉湯

シロネ

シロネ

シロネ

2011年6月15日 乃木福富節が黒くなる。

シロネ

シロネ

シロネ

2009年4月19日 新芽 玉湯

シロネ

シロネ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑