ハマナタマメ(浜鉈豆)

つる性多年草
本州(太平洋側は千葉県以西、日本海側は山形県以西〜琉球の海岸の砂浜に生える。基部木質のつる草。長さ5m以上に達する。茎はいちじるしく伸長し、短い逆向きの圧毛をまばらにつけ、のちにやや無毛となる。小葉はやや黄緑色をおび、円形〜広倒卵形で、やや革質、鋭頭または円頭、長さ5〜12cm、幅4〜10cm。托葉は卵形、鋭頭、長さ4〜5mm、脱落性。1花序に十数花をつける。花は淡桃色、長さ2.5〜3cm、1節に2〜3個がつき、翼弁と竜骨弁はほぼ同長。萼は長さ1cm内外、上萼唇(向軸側の萼裂片)の先はとがり、少し突き出る。豆果は長さ5〜10cm、幅3〜3.5cm、2〜5個の種子を入れる。種子は褐色、楕円体、長さ約1.5cm、長いへそがある。花期は6〜8月。(日本の野生植物)
学名は、Canavalia lineata
マメ科ナタマメ属
クズに似るが、クズは葉の両面に粗い毛が密生する。
しまねレッドデータブックでは「県内海岸礫地のあちこちで生育するもののようであるが、安定して生存することがまれである。」とされている。また、 京都府のレッドデータブックでは「砂浜で発芽定着した個体が点在するが、現在のところ越冬する株は確認されていない。」とされている。



海岸砂浜に発芽した小さな個体を見かけるが、越冬した株には出会えていない。
2019年8月24日 1株あった。 鹿島

ハマナタマメ

ハマナタマメ葉

ハマナタマメ葉裏面

裏面の葉面や脈上に毛がある。若い枝には毛が多い。托葉は卵形で先がとがる。

ハマナタマメ葉裏面

ハマナタマメ

ハマナタマメ托葉

ハマナタマメ

ハマナタマメ




2014年10月9日 3株あった。 鹿島

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

2014年6月19日 鹿島

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

'13.10.28、砂浜海岸に3個の小さな株が確認できた。他は枯れたか流されたのだろう。その後越冬は確認できない。
2013年10月28日 No.1 鹿島

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

No.2No.3

ハマナタマメ

ハマナタマメ

砂浜に漂着した種子が芽をだしたものがある。'13.9.22、砂浜海岸に5個の小さな株が確認できた。
2013年9月22日 No.1 鹿島小葉の葉身は長さ約4.5cm表面には伏毛がある。

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

裏面の脈上に伏毛がある。枝に伏毛がある。

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

托葉は卵形で先が尖る。

ハマナタマメ

ハマナタマメ

No.2

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

No.3No.4No.5

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

2011年11月16日 鹿島

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ

ハマナタマメ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑