アスナロ(翌檜)

常緑高木
本州(岩手県〜中部地方)〜九州の山地の尾根や湿原に生える。大きなものは高さ30m、直径80cmに達する。樹冠は円錐形。成長が遅く、雪の影響などで根元が曲がっていることが多い。枝が匍匐して地面に接すると、そこから根を出し、新しい株が成長する。枯死しても、心材が腐らずに残っていることがよくある。樹皮は赤褐色。古くなると黒褐色になる。ヒノキよりなめらかで、縦に薄くやや繊維状にはがれる。地衣類などが着生して白い斑が入っていることが多い。葉は十字対生。長さ5〜7mmの鱗片状で、ヒノキに比べて厚くて大きい。表面は光沢のある濃緑色で、葉裏は白い大きな気孔帯が目立つ。雌雄同株。雌雄とも枝先に1個ずつつく。球果は直径1〜1.5cmのほぼ球形。開花した年の10〜11月に熟す。果鱗は長さ6〜10mmの広卵形、ややそり返り、外面は角状につきでる。花期は5月頃。(樹に咲く花)
学名は、Thujopsis dolabrata
ヒノキ科アスナロ属
よく似たものにヒノキサワラがある。



2008年3月29日 八雲葉裏の気孔帯が「小」字形になる。

アスナロ

アスナロ

アスナロ

アスナロ

アスナロ

アスナロ




2019年10月15日 殿大きな気孔帯が目立つ。

アスナロ

アスナロ気孔帯

アスナロ

アスナロ

2006年6月11日 玉湯

アスナロ

アスナロ

2011年3月27日 八雲

アスナロ

アスナロ

アスナロ

アスナロ

アスナロ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑