アメリカスズメノヒエ(亜米利加雀の稗)

多年草
南アメリカの原産で暖地では牧草として栽培しているが本州〜九州の各地で逸出している。茎は高さ30〜60cm、根茎は太く横臥し葉鞘におおわれる。茎は偏平、平滑・無毛。葉は長さ10〜20cm、幅2〜3mm、多くは根生し、葉鞘の基部は紫色を帯びる。葉身は平滑・無毛。葉鞘は扁平。花序は長さ9〜10cm、通常2(2〜4)個の花軸からなり、小穂は各花軸に約3mmの間隔をおいて1側に2列に並んでつき、卵状楕円形、長さ3mm、平滑・無毛、光沢がある。小穂の第1小花は退化し、護穎だけとなり、第2小花は完全で護穎と内穎とがあり、結実する。第1苞穎は退化して欠如する。第2包穎は大きく3脈があり、包穎と同質の第1小花の護穎を浅く包む。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
 葯と柱頭は黒紫色。(植調雑草大鑑)
学名は、Paspalum notatum
イネ科スズメノヒエ属
よく似たキシュウスズメノヒエは湿地に生え、葉鞘口部に長い毛がある。また枝を数本出す似たものにスズメノヒエシマスズメノヒエがある。



2020年7月18日 西川津花序が3本のものもある。花序は長さ約15cm。

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

柱頭と葯は黒紫色。小穂は2列につく。表側は第1小花の護穎。

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

小穂は花軸の片側にだけつく。第1小花の護穎、第1苞穎は退化して欠如。小穂は長さ約3mm、第2苞穎。

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

第1小花は退化、第2小花は完全。第2小花の護穎。第2小花の内穎。

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

第2小花の内穎(左)、護穎(右)。退化した小さな第1苞穎があるものがある。

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

葉鞘と茎は無毛。

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ




2020年7月25日 八雲

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

花軸の分岐部に毛がある。

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

2011年9月25日 玉湯柱頭と葯は黒紫色。

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

2010年9月26日 玉湯

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

2008年11月1日 運動公園花穂を2本だす。

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

柱頭が黒紫色。

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

2009年8月2日 玉湯

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

2008年10月16日 運動公園

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑