ヤノネグサ(矢の根草)

1年草
北海道〜九州の水辺に多い。茎の下部は地をはい、上部は斜上し、高さ50cmくらい、短い逆刺がまばらにある。葉は長楕円形、または卵形、長さ2.5〜8.5cm、先は鋭尖、まれに鈍頭、基部は切形で浅く心形となることもある。両面無毛であるが、縁はざらつき、下面中肋に沿って短逆毛があり、薄い洋紙質。葉柄は10〜20mm、短逆刺がある。葉鞘は褐色膜質で7〜20mm、切形、口には縁に毛がある。花は枝の先に頭状に集まり、花柄に腺毛があり、小花柄は苞より短い。花被は先が紅紫色、長さ2.5mm。果実は3稜形、褐色、光沢があり、長さ2.5mm。花期は9〜10月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Persicaria nipponensis
タデ科イヌタデ属
よく似た仲間


2014年9月21日 大東
ヤノネグサ花 ヤノネグサ ヤノネグサ花
花序柄に短毛と腺毛がある。
ヤノネグサ花 ヤノネグサ花序柄 ヤノネグサ花序柄
花は長さ約4mm。花は直径約3mm。
ヤノネグサ花序柄 ヤノネグサ花 ヤノネグサ花
花被に包まれた果実は長さ約3mm。果実は長さ約2.5mm。
ヤノネグサ花序柄 ヤノネグサ花序柄 ヤノネグサ葉
葉は長さ約6cm、基部は切形でやや心形。葉の裏面脈上に上向きの小さな刺がある。
ヤノネグサ葉 ヤノネグサ葉裏面 ヤノネグサ葉裏面
托葉鞘の縁に毛がある。
ヤノネグサ托葉鞘 ヤノネグサ托葉鞘 ヤノネグサ



2009年9月13日 宍道葉はやじり形、基部は切形か浅い心形。
ヤノネグサ花 ヤノネグサ ヤノネグサ葉
托葉鞘の縁には長い毛がある。
ヤノネグサ托葉鞘 ヤノネグサ托葉鞘 ヤノネグサ
2003年10月18日 花序柄に腺毛がある。 上東川津
ヤノネグサ花 ヤノネグサ花 ヤノネグサ葉
ヤノネグサ
2005年10月1日 佐草
ヤノネグサ花 ヤノネグサ葉 ヤノネグサ托葉鞘
2004年9月28日 佐草托葉鞘の縁には長い毛がある。
ヤノネグサ花 ヤノネグサ葉 ヤノネグサ托葉鞘
ヤノネグサ茎
2013年10月21日 果実 玉湯
ヤノネグサ果実 ヤノネグサ果実 ヤノネグサ果実
花被に包まれた果実は長さ約3mm。1個の果実が入っている。果実は長さ約2.5mm。
ヤノネグサ果実 ヤノネグサ果実 ヤノネグサ果実
果実には3稜がある。花序柄に腺毛と毛がある。
ヤノネグサ果実 ヤノネグサ花柄 ヤノネグサ果序
ヤノネグサ葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑