ヤブデマリ(藪手毬)

落葉低木〜小高木
本州(太平洋側)〜九州の山地の谷筋など、湿った林内に多い。枝を水平にのばし、高さ6mほどになる。樹皮は灰黒色。若い枝は褐色。葉は対生。葉身は長さ5〜12cm、幅3〜7cmの楕円形〜広楕円形。先は短くとがり、基部は広いくさび形〜円形。ふちには鈍い鋸歯がある。側脈は7〜12対、裏面に突出し、葉の縁近くまでほぼまっすぐに伸びる。表面ははじめ毛があるが、ほとんど脱落する。裏面の脈上や葉柄には星状毛が多い。枝先に直径5〜10cmの散房花序をだす。花序の中心部には小さな両性花が多数つき、そのまわりを直径2〜4cmの白い装飾花がとり囲む。装飾花は深く5裂して平開する。裂片は1個だけがとくに小さい。果実は核果。長さ5〜7mmの楕円形。8〜10月に赤くなり、花序の枝も赤くなる。完全に熟すと果実は黒くなる。核は長さ4〜6mm。幅の広い溝が1個ある。花期は5〜6月。
冬芽は、長さ4〜9mmの長楕円状披針形。表面には星状毛が多い。(樹に咲く花)
学名は、Vibumum plicatum var. tomentosum
レンプクソウ科ガマズミ属
北陸以北の日本海側には、毛が少なく、葉が円形〜広卵形のケナシヤブデマリ(ヒロハヤブデマリ)Viburnum plicatum var. plicatum f. glabrumが分布する。


葉の形状、葉裏の毛の様子などからケナシヤブデマリと思われる。
2008年5月17日 東持田装飾花の内側の1個の裂片が小さい。
ヤブデマリ花 ヤブデマリ花 ヤブデマリ花
短枝につく葉は大小の葉が対になってつく。
ヤブデマリ花 ヤブデマリ葉 ヤブデマリ葉
ヤブデマリ葉 ヤブデマリ葉裏面 ヤブデマリ枝
ヤブデマリ樹皮 ヤブデマリ



2005年5月8日 西忌部装飾花の内側の1個の裂片が小さい。
ヤブデマリ花 ヤブデマリ花 ヤブデマリ花
2011年5月7日 蕾 東長江
ヤブデマリ蕾 ヤブデマリ蕾 ヤブデマリ蕾
ヤブデマリ葉 ヤブデマリ葉 ヤブデマリ葉
葉裏の脈上に星状毛がまばらにある。葉柄にまばらに星状毛がある。
ヤブデマリ葉裏面 ヤブデマリ葉柄 ヤブデマリ
ヤブデマリ ヤブデマリ
2015年8月16日 果実 八雲果実は赤くなり、完熟すると黒くなる。
ヤブデマリ果実 ヤブデマリ果実 ヤブデマリ果実
果実は長さ約6mm。
ヤブデマリ果実 ヤブデマリ果実 ヤブデマリ果実
果実に1個の核が入る。長さ5〜6mm。核の背面。核の腹面、幅の広い溝が1個ある。
ヤブデマリ核 ヤブデマリ核 ヤブデマリ核
ヤブデマリ果序 ヤブデマリ果序 ヤブデマリ
2012年6月18日 若い果実 西忌部
ヤブデマリ果実 ヤブデマリ果実 ヤブデマリ果実
枝の先につく葉は細く尖る。葉の表面は毛が散生する。
ヤブデマリ葉 ヤブデマリ葉 ヤブデマリ葉
葉の裏面はほとんど無毛。
ヤブデマリ葉 ヤブデマリ葉裏面 ヤブデマリ葉裏面
ヤブデマリ葉 ヤブデマリ
2009年6月27日 若い果実 東持田
ヤブデマリ果実 ヤブデマリ葉 ヤブデマリ葉
ヤブデマリ葉裏面 ヤブデマリ ヤブデマリ
2005年6月25日 若い果実 八雲短枝につく葉は大小の葉が対になって付く。
ヤブデマリ果実 ヤブデマリ葉
2006年2月25日 冬芽 八雲
ヤブデマリ冬芽 ヤブデマリ冬芽 ヤブデマリ樹皮
枝を水平にだす。
ヤブデマリ
2006年3月5日 冬芽 八雲
ヤブデマリ冬芽 ヤブデマリ冬芽 ヤブデマリ冬芽
ヤブデマリ
2006年5月3日 蕾 八雲先端の葉は細くなる。
ヤブデマリ蕾 ヤブデマリ葉 ヤブデマリ葉
ヤブデマリ葉 ヤブデマリ葉裏面 ヤブデマリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑


他の画像を見る。