ウワミズザクラ(上溝桜)

落葉高木
北海道石狩平野以南〜九州の日当たりのよい谷間や沢の斜面などに生える。高さ15〜20m、直径50〜60cmになる。若い樹皮は紫色を帯びた褐色。成木になると暗紫褐色になる。横に長い皮目がある。新枝は褐色〜赤褐色で無毛。側枝は秋なるとほとんど脱落し、翌年の春に葉の展開とともに同じ節からのびだすので、小枝は節くれだってジグザグになる。2年枝は黒紫色で光沢がある。葉は互生。葉身は長さ8〜11cmの卵形〜卵状長楕円形。先端は尾状にとがり、基部は鈍形〜円形。縁には細かくて鋭い芒状の鋸歯がある。両面ともふつう無毛だが、まれに裏面の脈上に毛があることがある。蜜腺は葉身の基部にある。葉柄は長さ7〜10mm。葉の展開後に開花する。新枝の先からのびた長さ8〜15cmの総状花序に白い花が多数密集してつく。花序の下部には葉が3〜5個つく。花は直径約6mm。花弁は5個。長さ約3mmの倒卵形で先はまるく、ふちに歯牙状の鋸歯が少しある。萼筒は長さ約2.5mmの鐘形で無毛。萼片は小さく長さ1〜1.5mm。雄しべは約30個、花弁より長くつきでる。雌しべは無毛。花柄は長さ4〜6mm、無毛。苞は披針形で、ふちに腺状の鋸歯がある。開花時に落ちる。果実は核果。直径約8mmの卵形。8〜9月に赤色から黒色に熟す。食べられる。花期は4〜5月
冬芽は長さ3〜6mmの卵形。芽鱗は5〜8個。赤褐色〜紅紫色で無毛。葉痕は三日月形〜半円形で、つきでる。維管束痕は3個。(樹に咲く花)
学名は、Padus grayana
バラ科ウワミズザクラ属
よく似たイヌザクラは花序の下に葉がなく、果期に萼片が残る。


2016年4月19日 八雲花序の下に葉がある。花は直径約1cm。
ウワミズザクラ花 ウワミズザクラ花 ウワミズザクラ花
花弁の縁に鋸歯がある。
ウワミズザクラ花 ウワミズザクラ花 ウワミズザクラ葉
葉身は長さ約7cm。葉身の基部に不明瞭な蜜腺がある。
ウワミズザクラ葉 ウワミズザクラ葉 ウワミズザクラ
ウワミズザクラ ウワミズザクラ
2010年5月1日 八雲花序の下に葉がある。
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
葉身の基部に腺がある。
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
ウワミズザクラ ウワミズザクラ



2009年4月19日 玉湯
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
2008年4月27日 東忌部鋸歯は刺状になる。
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
葉の裏面
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
ウワミズザクラ ウワミズザクラ
2006年4月30日 玉湯
ウワミズザクラ ウワミズザクラ
2006年4月22日 運動公園
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
ウワミズザクラ ウワミズザクラ
2008年7月19日 果実 萼片が残っていない。 玉湯
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
ウワミズザクラ
2008年5月17日 幼果 東持田
ウワミズザクラ ウワミズザクラ
2008年6月8日 果実 枕木山2007年6月30日 果実 玉湯
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
2009年4月12日 八雲矢谷
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
ウワミズザクラ ウワミズザクラ
2011年4月17日 芽吹き 玉湯
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
2011年3月12日 冬芽 八雲葉痕は半円形。
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
円形の落枝痕が目立つ。
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
ウワミズザクラ ウワミズザクラ
2007年9月22日 八雲
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
ウワミズザクラ ウワミズザクラ ウワミズザクラ
ウワミズザクラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑