イヌザクラ(犬桜)

落葉高木
本州〜九州の日当たりの良い谷間などに生える。高さ10〜15m、直径20〜30cmになる。樹皮は灰白色で光沢があり、淡褐色の横長の皮目がある。老木になると小さな薄片になってはがれる。新枝は灰白色。無毛または微毛がある。葉は互生。葉身は長さ5〜10cm, 幅2.5〜3.5の長楕円形。先端は尾状に長くとがり、基部はくさび形。ふちは波打ち、やや浅い鋸歯がある。洋紙質で、普通両面とも無毛だが、裏面の主脈に毛が生えることもある。蜜腺は葉身の基部にある。葉柄は長さ1〜1.5cmで、無毛。托葉は線形で、ふちにまばらに鋸歯がある。早落性。葉の展開後に開花する。前年枝の節からでた5〜10cmの総状花序に白い花が多数つく。花序の軸には短毛が密生し、葉はつかない。花は直径5〜7mm。花弁は5個、長さ約2mmの倒卵形で先端は丸い。雄しべは12〜20個、花弁より長い。雌しべは無毛。萼筒は長さ約1.5mmの杯形で、細毛があるか無毛。萼片は長さ約1mmの広卵形で細かい鋸歯がある。果実は核果。直径8mmほどの卵円形。7〜9月に黄赤色から黒紫色に熟す。果肉は苦味が強い。萼片が花のあと落ちずに、果期にも残るのが特徴。核は扁平な卵形。花期は4〜5月。
冬芽は長さ2〜5mmの卵形で先はとがる。芽鱗はふつう5個、紅紫色で光沢があり、無毛。葉痕は半円形〜腎臓形。維管束痕は3個。(樹に咲く花)
学名は、Padus buergeriana
バラ科ウワミズザクラ属
よく似たウワミズザクラは花序の下に葉がつき、果期に萼片が落ちる。


ここのイヌザクラは萼片が葉状化しているが、同じように葉状化する例が小石川植物園にあるようです。参考サイト
2013年5月2日 東持田
イヌザクラ花 イヌザクラ花 イヌザクラ花
花の基部に葉状のものがついている。
イヌザクラ花序 イヌザクラ花序 イヌザクラ花序
萼片が葉状化しているようだ。花序軸に葉はつかない。
イヌザクラ イヌザクラ イヌザクラ
イヌザクラ



2013年4月18日 蕾 東持田蕾の基部に葉状のものがついている。
イヌザクラ蕾 イヌザクラ蕾 イヌザクラ
イヌザクラ イヌザクラ葉 イヌザクラ
2013年8月26日 東持田花序があった枝に小さな葉がついている。
イヌザクラ イヌザクラ イヌザクラ
イヌザクラ
2012年5月19日 東持田葉の縁は波打つ。葉身基部に蜜腺がある。
イヌザクラ葉 イヌザクラ葉 イヌザクラ葉蜜腺
浅い鋸歯がある。脈腋に毛がある。
イヌザクラ葉鋸歯 イヌザクラ葉裏面 イヌザクラ葉
イヌザクラ枝 イヌザクラ
2011年6月15日 東持田葉の縁は波打つ。
イヌザクラ葉 イヌザクラ葉 イヌザクラ葉
波状の鋸歯がある。
イヌザクラ葉鋸歯 イヌザクラ葉 イヌザクラ葉裏面
葉身基部の蜜腺。冬芽は赤い。
イヌザクラ葉蜜腺 イヌザクラ枝 イヌザクラ枝
イヌザクラ イヌザクラ
2013年3月16日 芽吹き 東持田
イヌザクラ芽吹き イヌザクラ芽吹き イヌザクラ冬芽
イヌザクラ枝 イヌザクラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑