ウリカワ(瓜皮)

多年草
本州〜沖縄の主に水田に生える抽水〜湿生植物。葉は根生し、線形、ときに先端部の幅が広くなり細い匙形。長さ4〜18cm、幅3〜10mmでやや厚みがある。先端は鈍頭。花茎は高さ5〜20(〜30)cm。花弁は3枚で白色、雄花と雌花がある。果実偏平、長さ約5mm、突起のある翼が発達。集合して球状になる。秋に走出枝が伸び、地中に直径3〜6mmの塊茎を形成して越冬する。花期は7〜9月。(日本の水草)
学名は、Sagittaria pygmaea
オモダカ科オモダカ属
似た花に葉が披針形で葉柄があるヘラオモダカや葉がやじり形になるオモダカがある。


2014年9月11日 雄花 岡本花は直径約1.7cm。
ウリカワ花 ウリカワ花 ウリカワ花
雄花には雄しべだけある。
ウリカワ花 ウリカワ花 ウリカワ花
若い果実。
ウリカワ果実 ウリカワ ウリカワ
長い葉は長さ約14cm。
ウリカワ葉 ウリカワ葉 ウリカワ葉裏面
ウリカワ ウリカワ



2012年8月12日 雄花 東出雲若い果実
ウリカワ ウリカワ ウリカワ
ウリカワ ウリカワ ウリカワ
2005年9月18日 雄花 東忌部葉は根生し、線形。
ウリカワ ウリカワ ウリカワ
ウリカワ
2005年8月20日 乃白
ウリカワ ウリカワ
2004年8月1日 乃木福富
ウリカワ ウリカワ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑